からだとアミノ酸

私たちのからだは20%がタンパク質でできています。
そのタンパク質をつくる唯一の栄養素こそが「アミノ酸」なのです。

あなたはアミノ酸について、どれだけ知っていますか?
もっとずっと元気な毎日を送るために、アミノ酸とからだについてご紹介します。

そもそも“アミノ酸”とは?

からだをつくるための“材料”となる重要な栄養成分です。

私たちのからだは、60~70%が水分、20%がタンパク質でできています。そのタンパク質を構成しているのが、アミノ酸です。タンパク質は筋肉や消化管、内臓、血中のヘモグロビン、髪や皮膚のコラーゲンなど、からだの重要な組織をつくっているものです。つまり、アミノ酸はひとの体をつくるのに欠かせない重要な栄養成分なのです!

アミノ酸が不足すると、どうなるの?

疲労感、肌荒れ・・・からだに様々な不調が!

「疲れが取れない」「寝つきが悪い」「肌荒れが気になる」などの不調には、アミノ酸の不足が関係している場合があります。アミノ酸が不足すると、からだの様々な機能が正しく働きにくくなり、肌荒れや肝機能低下などに陥ることもあるのです。

アミノ酸が不足しないためには?

毎日のバランスの良い食事が大切!

からだを形成するアミノ酸は約20種類。そのうち、体内で合成することができない9種類は「必須アミノ酸」とよばれ、食事から摂取することが不可欠です。必須アミノ酸をバランス良く十分量摂取するためには、ごはんやパンのような主食と、肉、魚、卵、大豆などの副食をバランスよく摂ることが大切です。

特に注目したいアミノ酸って?

ここでは、必須アミノ酸9種を含む主なアミノ酸12種について、各々のはたらきや特長をご紹介します。

ページの先頭へ戻る