料理区分
ジャンル
調理法
人数
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科

生ざけ レシピ

  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当

Q&Aランキング

  • 猪肉の捌き方 調理の仕方

    あばらやもも部の骨をいただいたのですが まず捌くというか 骨から身を退けるのもわからんらないし 肉自体が あたらないか心配です どうすればいいのでしょうか 教えてください

  • 身体に良いエゴマ食べてますか?

    家で、簡単に煎って。(フライパンにゴマを入れ、ゆすりながら煎る)(ゴマ煎り用のフライパンも売ってますよ) ガラスの瓶に煎りエゴマを入れ乾燥剤を一袋いれ保存しています。 使いたい時に胡麻すり器でスリスリして使ってます。 納豆、炒め物、煮物、味噌汁、おひたし…何でも入れちゃいます。小さじ1杯位かな? エゴマの葉の乾燥したものは、お茶にして飲んでます。皆さんは、どんなエゴマ活用法をお持ちですか? ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 以前、納豆のコメントしましたが。 期限切れでコメント出来ずでしたのでこちらを利用させて頂きました。 ダッフィー0823さん お返事出来ずすみませんでした。 エゴマで素敵ライフお楽しみくださいね!

  • 出汁の使い分けは?

    出汁昆布、煮干、鰹節等で出汁を取りますが、どの様な料理に、どの出汁を使いますか。 家では、ほんだしだったりいつも適当、その日によってまちまちです。ただ蕎麦、うどんの汁は昆布と煮干の合せ出汁で作っています

もっと見る

  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!
  • 丸ごとエビ餃子

さけのムニエル レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

下味の「味の素KKコンソメ」がポイント!素材のうま味を引き出します☆

さけのムニエル
調理時間
エネルギー
310kcal
塩分
1.1g
野菜摂取量
7g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

調理時間5分

さけのムニエルの作り方


(1)さけは「コンソメ」をふって両面になじませ、小麦粉をまぶす。

(2)フライパンにAを熱し、(1)のさけの両面を中火で色よく焼き、弱火にしてフタをし、約3分蒸し焼きにする。

(3)じゃがいもは皮をむいて3等分にし、水に10分ほどさらして水気をきる。鍋に入れ、ヒタヒタの水を加えて火にかけ、煮立ったら弱火にし、フタをしてやわらかくなるまで約10分ゆで、ザルに上げる。

(4)空鍋を火にかけ、(3)のじゃがいもを戻し入れ、鍋を揺すりながら粉をふかせて塩をふる。

(5)ブロッコリーは小房に分け、塩ゆでにし、ザルに上げて水気をきる。

(6)器に(2)のさけを盛り、レモンをのせ、(4)の粉ふきいも(パプリカをふる)、(5)のブロッコリーをつけ合わせ、焦がしバターをかけ、パセリをふる。

*焦がしバターとは、小鍋にバターを入れ弱火にかけ、プツプツとこまかい泡が
 でてきたた状態のこと。
  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

328

コメント

32件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

生ざけを使ったレシピ

鮭とマヨネーズは相性GOOD!ムニエルにかけて召し上がれ☆

さけとじゃがいもの相性抜群!味の決め手は「コンソメ」☆

もっと見る

関連特集

このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 4,037件

今食べたい中華はどっち?
  • A.回鍋肉

    A
  • B.麻婆豆腐

    B

募集期間: 2017年02月15日 〜 2017年03月01日

コメントを見る

今食べたい中華はどっち?
さけのムニエル レシピ
さけのムニエル
調理時間
エネルギー
310kcal
塩分
1.1g
野菜摂取量
7g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

関連:
材料(4人分
生ざけ 4切れ(260g)
じゃがいも・小 3個
ブロッコリー 1/4個
レモン・輪切り 4枚
パセリ・みじん切り 適量
小麦粉 適量
「AJINOMOTO 胚芽の恵みコーン油」商品ページへ 大さじ1
バター 大さじ1
「味の素KKコンソメ」顆粒タイプ商品ページへ 小さじ2
「瀬戸のほんじお」商品ページへ 少々
パプリカ(粉) 少々
焦がしバター 大さじ3

材料クリックで 3 Smile

さけのムニエルの作り方

(1)さけは「コンソメ」をふって両面になじませ、小麦粉をまぶす。

(2)フライパンにAを熱し、(1)のさけの両面を中火で色よく焼き、弱火にしてフタをし、約3分蒸し焼きにする。

(3)じゃがいもは皮をむいて3等分にし、水に10分ほどさらして水気をきる。鍋に入れ、ヒタヒタの水を加えて火にかけ、煮立ったら弱火にし、フタをしてやわらかくなるまで約10分ゆで、ザルに上げる。

(4)空鍋を火にかけ、(3)のじゃがいもを戻し入れ、鍋を揺すりながら粉をふかせて塩をふる。

(5)ブロッコリーは小房に分け、塩ゆでにし、ザルに上げて水気をきる。

(6)器に(2)のさけを盛り、レモンをのせ、(4)の粉ふきいも(パプリカをふる)、(5)のブロッコリーをつけ合わせ、焦がしバターをかけ、パセリをふる。

*焦がしバターとは、小鍋にバターを入れ弱火にかけ、プツプツとこまかい泡が
 でてきたた状態のこと。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

328

コメント

32件のコメントがあります。

コメントする
さけのムニエル へのコメント

参考になります。

パペラポポプさん

グッド!

1

ムニエルにするとお客様が見えた時におしゃれでおもてなし料理にiなりますね。

reiママさん

グッド!

1

やっぱり鮭といえばムニエルですな。付け合せはあるものでよいと思います。

moetさん

グッド!

2

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。