料理区分
ジャンル
調理法
人数
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科

鶏もも肉 レシピ

  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当

Q&Aランキング

  • カボチャの意外な食べ方?

    2人暮らしなのに 特売でカボチャ1/2玉 つい買ってしまいました。 いつもは 煮物にしたり カボチャサラダを作ったり お味噌汁の具に入れたりしています。 何か 意外な料理は ありませんか? 高齢者の夫婦です。

  • お豆ごはんが色鮮やかにできません。

    グリンピースの緑が映える御飯素敵ですよね。料亭で戴くグリンピース御飯の宝石みたいな色に憧れて色々な作り方を試してみたのですが、少し時間がたつと色あせてしまいます。シンプルな物なので、うまく作りたいのです。皆の知恵を借りて腕を上げたいのです。宜しくお願いします。

  • アボカドの見分け方が苦手です

    アボカドが好きでよく買うのですが食べごろが今一つよくわからず割ってみたら茶色くなっていたり反対に硬くてゴリッとしておいしくなかったり。買うときの注意点や買った後の食べごろはどうやって見分けたらいいのか失敗のない選び方を教えていただきたいです。

もっと見る

  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!
  • 冷たい牛乳でつくるスープ×「森永のおいしい牛乳」コラボキャンペーン

鶏肉の北京ダック風 レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

鶏肉の北京ダック風
調理時間
エネルギー
266kcal
塩分
1.6g
野菜摂取量
67g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

材料(4人分

鶏もも肉 1枚
しょうゆ 小さじ1
小さじ1
こしょう 少々
きゅうり 1本
ねぎ 20g
サンドイッチ用食パン 4枚
サンチュ 4枚
「Cook Do」甜麺醤商品ページへ 小さじ9(54g)
「AJINOMOTO さらさらキャノーラ油」商品ページへ 大さじ1

鶏肉の北京ダック風の作り方


(1)鶏肉はAで下味をつける。きゅうり、ねぎは5cm長さのせん切りにする。

(2)フライパンに油を熱し、(1)の鶏肉を入れて焼き色がつくまで焼き、取り出して冷まし、薄切りにする。

(3)器に(2)の鶏肉、(1)のきゅうり・ねぎを盛り、「甜麺醤」、食パン、サンチュを添える。

*パンやサンチュに具をのせて、「甜麺醤」をつけてお召し上がりください。
  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

36

コメント

1件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

関連特集

このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 1,131件

潮干狩り、行ったことある?
  • ある

    A
  • ない

    B

コメントを見る

潮干狩り、行ったことある?
鶏肉の北京ダック風 レシピ
鶏肉の北京ダック風
調理時間
エネルギー
266kcal
塩分
1.6g
野菜摂取量
67g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

関連:
材料(4人分
鶏もも肉 1枚
しょうゆ 小さじ1
小さじ1
こしょう 少々
きゅうり 1本
ねぎ 20g
サンドイッチ用食パン 4枚
サンチュ 4枚
「Cook Do」甜麺醤商品ページへ 小さじ9(54g)
「AJINOMOTO さらさらキャノーラ油」商品ページへ 大さじ1

材料クリックで 3 Smile

鶏肉の北京ダック風の作り方

(1)鶏肉はAで下味をつける。きゅうり、ねぎは5cm長さのせん切りにする。

(2)フライパンに油を熱し、(1)の鶏肉を入れて焼き色がつくまで焼き、取り出して冷まし、薄切りにする。

(3)器に(2)の鶏肉、(1)のきゅうり・ねぎを盛り、「甜麺醤」、食パン、サンチュを添える。

*パンやサンチュに具をのせて、「甜麺醤」をつけてお召し上がりください。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

36

コメント

1件のコメントがあります。

コメントする
鶏肉の北京ダック風 へのコメント

甜麺醤のおかげで北京ダック風が出来上がり。
高級中華が食べられました。

ゲソベさん

グッド!

1

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。