料理区分
ジャンル
調理法
人数

調理器具

調理に使う基本的な道具類です。

計量スプーン

調味料や油を計る時に。大さじ15ml、小さじ5mlの2つが基本。

計量カップ

液体や粉を計る時に。
1カップ(200ml)が計れるものが便利。耐熱ガラス製だと使い勝手がよい。

キッチン用はかり

材料を計る時に。

包丁

万能包丁があれば魚、肉、野菜などに応用できるので便利。刃の長さが18~20cmのものが一般的。

まな板

衛生面、使いやすさの点で、プラスチック製がおすすめ。

ピーラー(皮むき器)

あると便利!

じゃがいもやにんじんなどの皮をむくのに便利。

キッチン用ハサミ

あると便利!

材料を切ったり、袋を開けたりする時に。さびにくいステンレス製がおすすめ。

ヘラ

材料を炒めたり、混ぜる時に。

ボウル

下味をつける、材料を混ぜるなどよく使う道具。サイズの違うものがいくつかあると便利。

ザル

野菜の水きりなどによく使う道具。

鍋

煮もの、汁ものなどの調理に必要な基本的な道具。

フライパン

焼く、炒める、煮るなど、火を通す時には欠かせない道具。フッ素樹脂加工で深さのある直径24cm前後のものが使いやすい。フタもあると便利。

菜箸

はさんだり、炒めたりとよく使うので必ず揃えたい。

おたま

汁ものをすくう時に。

フライ返し

素材をひっくり返したり、すくったりする時に。フライパンと同素材にすると傷がつかない。

しゃもじ

ご飯をよそう時に。

ページトップへ

この特集を見ている方は、こんな特集も見ています