料理区分
ジャンル
調理法
人数

揚げ油の温度

菜箸を一度ぬらしてしっかりと水分を拭き取ってから、油の中に入れてかき混ぜ、温度を平均にしてから泡の出方を見ることで、温度計がなくても温度がわかります。

低温(150~160℃)

目安は中火にかけてから2~3分。油が100℃を超えてゆらゆらと動き出してくる。菜箸を入れて、細かい泡が静かに上がってくる状態が低温。焦がさずじっくり揚げる時に。

中温(170℃前後)

目安は油がゆらゆらと動き出してから1~2分後。菜箸を入れてみて、やや大きめの泡が上がってくる状態。しっかりと火を通してカラリと揚げたい時に。

高温(180~190℃)

目安は油がゆらゆらと動き出してから2~3分後。菜箸を入れて、多量の泡が勢いよく上がる状態。キツネ色に揚げたい時や二度揚げしたい時に。

「揚げ油の温度」の動画はこちら
動画を見る

ページトップへ

この特集を見ている方は、こんな特集も見ています