料理区分
ジャンル
調理法
人数

大根の下ごしらえ・切り方

部分の使い分け
辛味は葉もとの部分が弱く、端に行くほど強くなるため、葉に近い部分は大根おろしやサラダに、真ん中は煮物、端は漬物やみそ汁の具にするとよい。

皮のむき方

必要な量を切り、水洗いする。
ピーラーを使う時は長さに沿って皮をタテにむく。

包丁を使う時は大根を回しながら皮をむく。

「大根の下ごしらえ」の動画はこちら
動画を見る

ページトップへ

切り方

繊維に沿って切る切り方


  • 薄切り

  • 短冊切り

  • 細切り

繊維を断って切る切り方


  • 輪切り

  • 半月切り

  • いちょう切り
「大根の下ごしらえ」の動画はこちら
動画を見る

ページトップへ

面取り・かくし包丁

【面取り】

煮崩れをふせぐため、大根・かぼちゃ・にんじんなどの野菜は、切った後に切り口の角をそぐ。

【かくし包丁】

味がよくしみ込むように、表面に十文字の切り込みを入れる。

「大根の下ごしらえ(面取り・かくし包丁)」の動画はこちら
動画を見る

ページトップへ

下ゆで

下ゆでする時は、水からゆでるのが基本。
鍋に大根がかぶるくらいの水を入れてゆでる。

※米のとぎ汁や少量の米を加えて煮ると、大根のアクや苦味が抜ける。

「大根の下ごしらえ」の動画はこちら
動画を見る
大根の保存方法はこちら
食材の保存方法

ページトップへ

この特集を見ている方は、こんな特集も見ています