ログイン 会員登録【無料】

Smile増やす⇒プレゼント当たる!

今なら 100 Smile プレゼント中!

詳しくはこちら!

レシピ大百科TOP

今月の簡単・裏ワザ・使いきりコーナーは 大根1本使い切り!
「下ゆで大根」を使って簡単・手早くお料理!!

煮えるまでに意外と時間がかかる大根。
あらかじめ大根1本を下ゆでしておくことで、いろいろなお料理が短時間で作れます!

大根を2.5cm厚さに切り、皮をむいてかくし包丁を入れます。鍋に大根がかぶるくらいの水を入れ、中火にかけます。
かくし包丁は5~6mmくらいの深さで十文字の切り込みを入れます。
沸とうしたら弱火にして20分ゆでて、お好みの“だし”を入れ、さらに10分ゆでます。
「ほんだし®」の場合は、水カップ6に対し、小さじ2が使用の目安です。
下ゆで大根の
でき上がり!
竹串が通るくらいが目安です。
保存するときはガラスなどの保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。2日を目安に食べきりましょう。
だし汁につけたまま冷ますことで味がなじみます。
おいしさのポイント!
  • かくし包丁を入れることで、火の通りがよくなります。
  • 下ゆでに“だし”を使うことで、大根に味がしっかりしみておいしくなります。
  • 「ほんだし®」、「味の素KKコンソメ」、「味の素KK丸鶏がらスープ」など、お好みの“だし”を入れて煮ましょう。
この特集を見ている方は、こんな特集も見ています