料理区分
ジャンル
調理法
人数

梅漬けレシピ特集

意外と簡単!今年は梅漬けにチャレンジしてみませんか?
塩分15%の「基本の梅漬け」レシピをご紹介します!
季節を感じさせる梅仕事。
梅を使った料理・ドリンクなどアレンジレシピもどうぞ☆

基本の梅漬け、梅干レシピにチャレンジ

●材料・下準備

塩漬け用
 完熟梅… 2kg
 焼酎(35度)… カップ1/2
 「瀬戸のほんじお」… 300g

赤じそ漬け用
 赤じその葉… 300g
 「瀬戸のほんじお」… 45g

梅はたっぷりの水に半日浸す。竹ぐしでヘタを取り、ふきんで1個づつ丁寧に水気をふきとる。

材料・下準備

・梅を水に浸す事でアクを抜きます。

・ヘタを取る際は果肉を傷つけないように気をつけましょう。

●塩漬け

(1)ポリ袋に梅、焼酎、塩の2/3量を入れて、なじませる。

(2)漬物容器に(1)を入れ、残りの塩をまぶす。落とし蓋、重し(4kg)をのせ、ポリ袋などで封をする。

(3)暗くて涼しい場所で保管し、10日ほどで梅酢が上がってきたら重しを半分にする。

塩漬け

・梅酢が上がりにくい場合は、1日1回容器を斜めにして梅酢をまんべんなくかけるようににしましょう。

●赤じそ漬け

(1)よく洗った赤じそ、塩の半量をポリ袋に入れて、よくもむ。

(2)しんなりしたら、ギュッと絞ってアクを捨てる。残りの塩を加え、同様に行う。

(3)赤じそを器に移して、梅酢をお玉1杯加え、しそをほぐす。しそが赤く染まったら塩漬けしている梅にのせ、梅酢も戻す。

赤じそ漬け

・梅酢は梅を漬けてある容器から加えます。

・赤じそ漬けなしでもおいしい梅干しが作れます。工程(2)のあと、そのまま土用干しへ!

●土用干し

(1)20日間以上保管した後、梅をザルに並べて3日間天日干しにする。

(2)干し終えたら、梅酢にくぐらせて容器などで保管する。

*作ってすぐも食べられますが、3ヶ月後位が食べ頃です。

土用干し

・梅雨が明けて晴天が続く時に3日間梅を日ざしに当てましょう。

・昼に1回梅を裏返し、夜には取り込みます。

おいしさのポイント!
  • 梅は黄色く熟して、良い香りのするもの、傷んでいたり、つぶれていない状態のものを選びましょう。
  • 梅漬けは清潔第一です。容器や重し、落し蓋などの道具はよく洗って水気をきり、焼酎で消毒しておきましょう。
    梅酢が上がった後も、1週間に1度程度霧吹きで焼酎をふきましょう。
  • 「瀬戸のほんじお」はしっとりとしたあら塩です。梅にからみやすく、なじむので、梅酢が上がりやすくなります。
    またにがりを含んでいるため、味もまろやかに仕上がります。

梅酒作りにチャレンジ!

 今年こそ梅酒作りにチャレンジしたい!基本の梅酒レシピと梅酒を作ったあとの梅を使ったレシピをご紹介!

果実入りサワードリンク作りにチャレンジ!

 酢を使ったすっきりサワードリンクなら、大人も子どもも楽しめます。
 梅のほか、季節の果物を使ったサワードリンクのレシピをご紹介!

赤じそジュース作りにチャレンジ!

 赤じそ漬けの赤じそをちょっと多めに買って、ジュースを作ってみませんか?
 炭酸水で割ると、さっぱり飲めて暑い日にもおすすめです!
  •  
  •  
  •  
  •  

この特集を見ている方は、こんな特集も見ています