料理区分
ジャンル
調理法
人数
  • 「ほんだし」でサッと煮るだけ!「野菜のだし煮」作って!写して!キャンペーン第2弾

夏のお悩み解消☆
みなさまのお声で解決!暑い時期のお弁当 どうする?

暑くてもお弁当を作らないといけない時は、「何をいれたら?」「どんな工夫が必要?」とすごく悩みますね。昨年も「コミュニティ」や「食のQ&A」には「夏のお弁当」についてたくさんのコメントを寄せていただきました。コメントを参考にさせていただき、「レシピ大百科」の「夏のお弁当のコツ」を考えてみました。

1.清潔に
  おかずは素手で触らず、取り箸はおかずごとに使い分ける。おにぎりはラップを使って。お弁当箱はよく洗ってきちんと乾燥させる。
2.よく冷やす
  ご飯は冷ます。おかずもしっかり冷やしてからフタをする。保冷剤や保冷バッグ使用がお勧め。冷凍した市販の小さなゼリーをデザートとして一緒に添えるのも◎。
3.水気・汁気を切る
  水分は傷みの原因に。煮物や和え物を入れるときはしっかり汁気をきってから。生の野菜を入れるときはペーパーで水気を丁寧にふき取って。(プチトマトのへた付近は要注意です)
4.傷みにくくする味の工夫
  加熱はしっかり。味は濃いめに。ピクルスなど酸味がきいたものは◎。卵焼きは半熟にせずきちんと火を通して。

他にもコツはあるとは思いますが、「清潔×冷却」が大きなポイントです☆
 
夏のお弁当作りは心配事も多く大変ですがお役に立てれば幸いです。

アイコンの説明

酸味の効いたピクルスやマリネは傷みにくいおかずの代表

☆参考☆日持ちするおかずのこつ 『傷まないお弁当のコツ』
この特集を見ている方は、こんな特集も見ています
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科
  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当
  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!