料理区分
ジャンル
調理法
人数

 
●下漬け
材料
 らっきょう 1kg
 「瀬戸のほんじお」 100g
 水 カップ2


(1)らっきょうは水洗いして薄皮をむき、根、芽の先端を切る。
らっきょうは水を吸いすぎるとカリカリとした食感がなくなってしまうので、手早く洗いましょう。
 
●下漬け
(2)らっきょうを保存容器に入れ、塩をふり、全体にまぶして水を加える。

(3)重石をのせ、2週間ほど冷暗所に置き下漬けをする。
重石をのせたら、清潔な箸などで時々上下を混ぜましょう。
 
●甘酢漬け
材料
 らっきょう(下漬け) 1kg
 A米酢   400ml
 A砂糖   400g
 A水      カップ1
 赤唐辛子(小口切り)
                       2本分


(4)下漬けしたらっきょうを流水に2~3時間さらす。少し塩分が残るくらいに塩抜きをし、ザルに上げ、しっかり水気をきる。
 
 
 
 
 
 
●甘酢漬け
(5)鍋にAを入れて火にかけ、沸いてきたら火を止め、冷めたら赤唐がらしを加え、甘酢を作る。

(6)熱湯消毒をした瓶に(4)のらっきょうを入れ、(5)の甘酢を注ぎ、保存する。
 
早くて2週間ほどが、食べ頃です
 
おいしさのポイント!
  • らっきょうは土付きで芽先の伸びていないものを選び、すぐに漬けましょう。日にちが経過するとすぐに芽が伸びてしまって、スカスカのらっきょう漬けになってしまいます。
  • らっきょう漬けは清潔が第一です。容器や重石などの道具はよく洗って熱湯消毒をしましょう。
  • 「瀬戸のほんじお」はしっとりとしたあら塩です。らっきょうにからみやすく、よくなじむので、塩分をしっかり含んだ下漬けができます。またにがりを含んでいるため、味もまろやかに仕上がります。

基本のらっきょう漬け

  •  
  •  
  •  
  •  

らっきょう漬けに大活躍の商品はこちら

この特集を見ている方は、こんな特集も見ています