料理区分
ジャンル
調理法
人数
  • 「クノール カップスープ」×「森永のおいしい牛乳」コラボキャンペーン
旬を三回楽しむ


"旬を三回楽しむ国"  白菜・大根・かぼちゃのレシピ特集

日本では、野菜の旬を収穫時期によって「走り」「盛り」「名残」の三つに細分化しています。その季節にしか巡り会えない食材を心待ちにし、旬の食材を喜んで、いただく。四季が明確な日本だからこそ育まれた食文化です。今回は、「かぼちゃ」「大根」「白菜」の旬を三回楽しむ、おいしい食べ方をご紹介します。

アイコンの説明

かぼちゃ

かぼちゃの「走り(9~10月頃)」は水分が多いため、みずみずしさを味わえるサラダなどがおすすめ!
ほくほく感が増す「盛り(10~11月頃)」の時期にはスープや揚げ物など幅広いメニューで楽しめます。水分が少なくなり甘くなる「名残(11~12月頃)」の時期には煮物がおすすめです。

大根

大根の「走り(10~11月頃)」は水分が多くやわらかいため、食感を生かしたサラダなどがおすすめ!
「盛り(11~1月頃)」の時期にはジューシーさを味わえる炒め物や体を温める汁物に。味が濃くなり、煮崩れしにくい「名残(1~2月頃)」の時期は煮物や塩の効果でやわらかく、大根の味を楽しめる漬け物がおすすめです。

白菜

白菜の「走り(11~12月頃)」は水分が多くみずみずしいため、汁物やサラダがおすすめ!「盛り(12~1月頃」は繊維がやわらかくなり、葉の糖度も高くなるため、炒め料理に!葉が厚く筋張っている「名残(1~2月頃)」の時期には煮込み料理がおすすめです。

この特集を見ている方は、こんな特集も見ています
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科
  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当
  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!