料理区分
ジャンル
調理法
人数

ぶりの照り焼き

  • レシピ
  • 手順がわかる料理の工程
  • もっとおいしく作るポイント

フライパンでの上手な焼き方

照り焼きをフライパンで焼く方法を「鍋照り」と言います。
この場合、フライパンを熱して薄く油をひき、盛りつけたときに上になる面から強めの火加減で焼き、 軽く焼き色がついたら返して裏側も焼きつけましょう。
表面の色が変わったら、焦げないように弱火でゆっくり焼き、途中でたれをからめて焼き上げます。
身がくずれやすいので何度も返さないようにしましょう。

魚の焼き具合の目安

身の厚い部分に竹串を刺してみて、スッと通れば中まで火が通っています。
または、身を指で押してみて弾力があれば大丈夫です。
表面に充分焼き色がついているのに中が生っぽい場合は、電子レンジで軽く加熱してもよいでしょう。

調味料を加えるときは火加減に注意!

フライパンが熱くなっているところに少ない調味料を入れると、焦げやすいので気をつけましょう。
一度火を止めてから調味料を加えるのが、上手にたれを作るポイントです。
この特集を見ている方は、こんな特集も見ています