料理区分
ジャンル
調理法
人数

生活に“なるほど”を発見する なるほどマガジン

旬は3回楽しめる?!走り・盛り・名残☆
~かぼちゃ・大根編~

いよいよ10月に突入!実りの季節を迎え、かぼちゃや大根など、旬野菜がおいしい時期です。

ひと言で“旬”と言っても、実は野菜には「走り(はしり)」・「盛り(さかり)」・「名残(なごり)」があるってご存知ですか?それぞれの特徴にあった調理をすることで、野菜をもっとおいしく食べることができるんです!

今回は、かぼちゃ&大根の「走り」・「盛り」・「名残」の違いや、よりおいしく食べるためのレシピをご紹介します♪


かぼちゃ&大根の旬って?

その野菜が最もおいしい時期を表す「旬」ですが、時期によって味や食感に違いがあり、呼び方も「走り」・「盛り」・「名残」と変わります。それぞれの状態に合った調理をすると、野菜のうま味を存分に活かすことができますよ。

かぼちゃと大根の場合は、以下のように分かれています。
・かぼちゃ:「走り」9~10月、「盛り」10~11月、「名残」11~12月
・大根:「走り」10~11月、「盛り」11~1月、「名残」1~2月

かぼちゃと大根の「走り」はまさに今!ここからは、それぞれの特徴と、それにピッタリ合うレシピをご紹介します♪


「走り」はみずみずしさをそのままに

かぼちゃ&大根の「走り」は水分を多く含んでおり、かぼちゃは荷崩れしやすく、大根はやわらかく食感が楽しめるので、サラダで味わうのがオススメ!

温野菜がおいしい♡「かぼちゃのトスサラダ」

かぼちゃのオレンジ色とベビーリーフの緑の色合いがキレイなサラダ。ひと口大に切ったかぼちゃと、薄い輪切りにしたれんこんを用意したらレンジでチン!みずみずしいかぼちゃを楽しめるレシピです。

作り方はコチラ

大根の食感が楽しめちゃう♪「大根と水菜の京風トスサラダ」

材料を切って、「Toss Sala®」をトスする(混ぜ合わせる)だけのお手軽サラダ。シャキシャキした大根と、「Toss Sala®」のトッピングの食感が楽しめます♪

作り方はコチラ


かぼちゃはホクホク、大根はジューシーな「盛り」

「盛り」のかぼちゃはホクホクしているので、スープや揚げ物、焼き物など幅広いメニューで楽しめます!大根はジューシーさを味わえる炒め料理などで楽しむのがオススメです♪それぞれの魅力を引き出せるレシピはコチラ♡

皮ごと食べる!「かぼちゃゴロっとスープ野菜」

これからの季節にピッタリな、カラダが温まるスープ。下処理したかぼちゃをやわらかくなるまでレンチンして、他の具材と一緒に「味の素KKコンソメ」で煮るだけ◎ゴロゴロ入った具材で、食べごたえのある1品ですよ♪

作り方はコチラ

大根と豚肉が絶妙にマッチする☆「豚バラ大根」

忙しいときの味方「Cook Do®きょうの大皿」<豚バラ大根用>を使った楽チンレシピ♪ジューシーな大根は、しっかり焼き目をつけて香ばしさも楽しんで。ゆでた絹さやを散らせば、色合いもキレイです。

作り方はコチラ


味わいが増す「名残」

かぼちゃは水分が減って甘みが増し、大根は味が濃く煮崩れしにくい「名残」は、どちらも煮物がオススメ!

切った野菜を、水と「ほんだし®」をいれたお鍋で煮るだけの“だし煮”はいかがですか?素材のおいしさが楽しめ、あと1品欲しい時にもピッタリです。

かぼちゃの甘みを存分に♡「かぼちゃのだし煮」

作り方はコチラ

大根のうま味を味わえる♪「大根のだし煮」

作り方はコチラ

また、大根は塩でやわらかくなり味が凝縮されるので、漬物もオススメですよ♪

旬な野菜の「走り」・「盛り」・「名残」、いかがでしたか?知っておくと、献立を考えるときのヒントになりますね!ご紹介したレシピも、ぜひチャレンジしてみてください♪

特集ページでは、かぼちゃと大根のほか、白菜のレシピも公開中!こちらも要チェックです♪

"旬を三回楽しむ国" 白菜・大根・かぼちゃのレシピ特集

おすすめの記事