料理区分
ジャンル
調理法
人数

生活に“なるほど”を発見する なるほどマガジン

体温UPで叶えちゃう♡手軽に美肌へ近づく4つのポイント

空気が乾燥して、そろそろお肌の保湿が気になる季節。女性ならきっと、美肌をキープしたい、もっと美肌になりたい…という気持ちがありますよね。美肌の秘訣はいろいろありますが、実は「体温」が重要なポイントなんです!

今回は、美肌と体温の関係と、体温を上げる4つのポイントをご紹介します♪


知っておきたい! お肌と体温の関係♡

美肌になるためには、スキンケアはもちろん「体温を上げる」ことが大切なんです。

私たちの皮膚の温度は通常30~33℃くらい。でも、外気温が5~10℃まで下がると、指・手・足先などの皮膚の温度は20℃以下まで低下します。体温が下がると血行が悪くなり、必要な栄養や酵素が肌に届きにくくなります。その結果、角質状態が悪く、乾燥しがちなお肌になってしまうんです。

乾燥が進むと、肌を守るバリア機能や、肌本来の機能が低下してしまうそう。さらに、保湿能力の低い女性は、毛穴が目立ちやすいなんてことも…!

美肌を目指すなら、まずはカラダを冷やさず「体温を上げる」ことが大切です☆


実践!体温を上げるための4つのポイント☆

お肌と体温の関係がわかったところで、さっそく体温を上げる方法をご紹介します。どれも簡単にできるものなので、ぜひ生活に取り入れてみてください♪

①スキマ時間に、肩回し&ツボ押し!
オフィスの休憩時間など、スキマ時間に肩を回せば、寒さで縮こまったカラダもポカポカに!また、手の甲にある親指と人差し指の骨のつけ根の“合谷(ごうこく)”というツボを刺激すると指先まで温まりますよ♪

②浴槽につかって、体温UP!
ゆっくり浴槽につかると、カラダが温まって血流が良くなります◎さらに、その時間を使って耳の穴を広げるように引っ張ると、くま、ハリ、乾燥などの対策にもなりますよ♪

③寝ているときもぬかりなく♡マスク&ソックス対策
就寝中にマスクをつけるのもオススメ♪マスクをすると、冷たく乾燥した空気が入ってくるのを防ぐことができ、保温効果が高まります◎そして、保湿にもつながり、潤いをキープ!お肌の乾燥対策になりますよ♡さらに、寝る直前までソックスをはいて、足下を温めておくとGOODです。

④朝食に温かいものを取り入れた「温朝食」を♪
ますます寒くなるこれからの季節。特に朝起きたばかりのカラダは、1日で1番体温が低い状態なので、温かいものを取り入れてカラダを温めたいですね。

ただ、温かいものなら何でもいいかというと、そうではありません。たとえば、赤道直下が原産のコーヒーは身体を冷やす効果があり、かえって手足が冷えるという結果があるそうです。

そこでオススメなのが、温かいスープ!

10代後半~20代の健康な女性を対象にした実験で、65℃の温かいスープを摂取した後には、足先の温度が最大で2℃以上も上昇するという結果が!スープには程よいとろみがあるため冷めにくく、温かいままに飲み続けることができるという点も、身体を温めることに効果的なんですよ♪

いつもの朝食に、温かいスープをプラスした「温朝食」を試してみたいですね♡

ここからは、いつものスープをもっとおいしく!“今すぐ試したい☆アレンジ方法”を3つご紹介します。とっても簡単なので、忙しい朝にもピッタリです♪

朝からカラダがポッカポカ♪「ちょい足し!しょうがポタージュ」

しょうがのチカラで元気がみなぎる1杯♪ポタージュスープにチューブのおろししょうがを2cmほど入れるだけ!しょうがの香りがふわっと漂います♡チューブの代わりに生のしょうがをすりおろして入れてもおいしいですよ!

アレンジレシピで、温朝食☆「スーグラパン」

パンとチーズでアレンジした、スープレシピ♪耐熱カップに、コーンクリームスープを入れ、1cm角にカットした食パンとチーズをのせて、オーブントースターで焼き色がつくまで焼くだけ! チーズを入れることで、コクが増しますよ♪

5分で簡単リゾット♪「とろ~りチーズのトマトスープかけごはん」

リゾット風、スープかけごはん♪器にごはんとトマトのポタージュスープ、チーズを入れてレンジ(600W)で20秒加熱するだけ。お好みでパセリ、黒こしょうをふってもGOOD!たったの5分で作れちゃう温朝食レシピです。

体温を上げる4つのポイント、いかがでしたか?簡単なものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね♪肌寒い時期は体温を上げて、美肌を目指しましょう♡

おすすめの記事