料理区分
ジャンル
調理法
人数

生活に“なるほど”を発見する なるほどマガジン

めくるめく豆苗の世界!食べて育てておいしく楽しもう♪

みなさん、「豆苗」って知っていますか?

「豆苗」とは、エンドウ豆の若菜のこと。さまざまな栄養素がバランスよく含まれ、特にビタミンKや葉酸などの栄養素が豊富!そのうえ、食べた後も根元部分を水に浸して育てれば再収穫できるので、とっても経済的なんです。

今回は、前回のアボカドに続く「めくるめく食べ物の世界」シリーズの第2弾ということで、豆苗の育て方と簡単レシピをご紹介します!みなさんも食べて、育てて、豆苗の魅力を堪能してみませんか?


豆苗を育てるヒケツ♡

ひょろっと細長くてデリケートに見える豆苗ですが、意外と簡単に育てられるんです!さっそく実際に育ててみた様子とコツをご紹介します♪

① 買ってきた豆苗をカット♪
「豆苗」を購入したら、食べる部分(葉と茎)を切りましょう。切るときは、葉の下にある小さな脇芽(わきめ)に注目。下から2番目の脇芽の少し上の位置で切るのがポイントです!

切った葉と茎は、後半でご紹介するレシピで、おいしくめしあがれ♪

② 切った後は?
食べる部分を切ったら、適度に深い「受け皿」を用意します。受け皿に豆苗の根元部分を入れ、根だけがひたる量の水を注ぎます。豆までつかると、腐りやすくなってしまうので要注意!

③ 1日に1回は水を替えましょう!
1日に1回、水を替えるのが基本。夏場は特に水が腐りやすく、カビも発生しやすいため、1日に2回以上水を替えるのがオススメです。

④ 豆苗を再収穫☆
季節によりますが、栽培開始から7日ほど経つと、長いもので12~13cmに伸びます。

この状態でも食べられますが、さらに2日間ほど待つと買った時くらいの長さに育ち、ボリュームもアップします♪9日間経った豆苗はコチラ!

上手に育てれば、2回ほど再収穫できますよ☆

豆苗は、室内で1年中栽培が可能です。室内の窓際で育てたところ、12月でも元気に育ちました☆夏場は風通しのよい涼しい場所で育ててくださいね。


お手軽でおいしい☆豆苗レシピ

ここからは、豆苗を使ったレシピをご紹介します。どれも簡単なものばかりです!早速試して、おいしくいただいちゃいましょう♡

話題の無限シリーズを豆苗で!「やみつき!無限豆苗」

たった3分でできる、無限シリーズの豆苗版。フライパンもレンジも使わず、簡単にできちゃいます。豆苗のシャキシャキした食感で、まさにやみつきに!

作り方はコチラ

中華風メニューもお手軽に☆「豆苗のガーリック炒め」

豆苗をサっと炒めてできる中華風の1品。にんにくとごま油の香りが、食欲をそそります♪おつまみにもピッタリです。

作り方はコチラ

カラフル野菜のごちそう♪「トマトと豆苗のスープ野菜」

具だくさんで、お腹も満足するスープ。「味の素KKコンソメ」風味とトマトの酸味が、飽きさせないおいしさです♪溶き卵を流し入れ、アレンジしても◎

作り方はコチラ

鍋でも活躍♡「鶏肉と豆苗の鶏だし鍋」

豆苗の歯ごたえがたまらない鍋。味付けは「丸鶏がらスープ」だけなのに、鶏肉と相まって驚くほどコクが豊かに。しょうがの風味がほんのり香る1品です♪

作り方はコチラ

豆苗は、1パック100円程度で買えるので、コスパもバツグン!最近はスーパーだけではなく、生鮮食品を扱うコンビニなどでも手に入りますよ。栄養たっぷりの豆苗、ぜひ毎日のレシピに役立ててください♡

「豆苗」を使った人気レシピはコチラ

また、「めくるめく食べ物の世界」シリーズ第1弾の“アボカド”は、コチラからご覧いただけます。アボカドの世界、ぜひのぞいてみてくださいね♪

めくるめくアボカドの世界!実も“種”も楽しもう♡

※出典:村上農園公式サイト「豆苗研究会」
※この記事でご紹介した「再収穫」のコツは、豆苗を生産している株式会社村上農園が推奨する方法です。

おすすめの記事