“おいしいを楽しむ”マガジン

気づけばいつも身近に。 スープで身もココロも温まろう!2019/01/15

お湯を注ぐだけで、心もカラダも温めてくれるカップスープ。
寒さが厳しいこの時期、恋しくなる人も多いのではないでしょうか。

今回はカップスープにまつわる思い出・エピソードをご紹介します。
家族との団らん、勉強を頑張った学生時代の思い出から、現在の日々の暮らしにと様々なエピソードの数々から、「そうそう私も!」と思えるものが見つかるかもしれません。
それでは、さっそくご紹介してまいります!

  • 家族との思い出のひとコマに

    実家のリビングのテーブルにはいつも、朝刊、果物と一緒にクノールカップスープの箱が置いてありました。懐かしく思い出す我が家の風景に、欠かせない存在です。(H・Yさん)

    我が家では夕食後にカップスープをよく飲んでいました。「今日はどのスープ飲む?」と自分や家族のスープを入れて、その日あった出来事など他愛もない話をする時間が好きでした。(S・Eさん)

    高校生の時、幼い妹がコーンクリーム味が好きでよく作ってあげました。毎年冬になると、その頃の光景を思い出します。(H・Kさん)
    ☞今回一番多く挙がったエピソードは、家族との思い出にまつわるものでした。カップを手にした家族団らんの様子が目に浮かびます。

  • スポーツ・アウトドアに

    子どもの頃、冬場のサッカーの試合に、母がお弁当と一緒にクノールを1袋持たせてくれました。水筒のフタにスープを開け、会場にいる当番の保護者にお湯を注いでもらいました。濃いめのスープが、冷え切った体を温めてくれ、いつしかチームメイトみんなで飲むようになりました。(T・Kさん)

    キャンプでは朝冷え込むことが多いので、子ども・大人問わずカップスープの争奪戦に。キンと冷えた朝に焚火を囲んで、みんなでスープを飲む姿は本当に絵になります。(R・Kさん)

    友人家族とキャンプに行く時は朝の必需品。スープがないと、子どもたちからブーブー文句を言われることも。早朝に「カップスープ飲む人~?」「ハーイ」という子どもたちの大きな声がこだまする風景が、毎回繰り広げられます。(H・Yさん)
    ☞袋で手軽に持ち運べるカップスープは、寒い冬場のスポーツやキャンプなどアウトドアでも人気のようです。

  • 朝のパワーの源に

    学生の頃は、部活の朝練で4時起きの日々。食べるのがしんどい朝、手軽に食べられる朝ごはんとしてクノールのお世話になっていました。体が内側から温まり、練習の活力になっていました。(S・Hさん)

    提出物に追われた美大時代。夜遅くまで頑張った翌朝、母が用意してくれたクノールカップスープで身も心も温まりました。おかげで忙しい日々を乗りきることができ、私にとって心強い味方です。(R・Iさん)

    毎朝子どもたちを送り出すのに、いつも時間との戦いでイライラ。特に冬場はなかなか布団から出られず、準備も進みません。ある朝、クノールのCMを見た長男がスープをパンにつけてパクッ!それを見て下の子に、ひたパンで食べさせたところ食事が無事に完了!体が温まったせいか、着替えもスムーズに進み、久々に余裕のある朝を迎えることができました。(M・Kさん)
    ☞まだ眠っているカラダを中から温めたり、お子さんが喜んで食べてくれるのでごはんが進むなど、忙しい朝にもカップスープは大活躍の様子。
  • 自分だけのひそかなお楽しみに

    食べ盛りの高校時代、母は特大のランチジャーにカップスープをつけてくれました。「今日は何味を入れてくれたのかな?」とお昼が待ち遠しかったのを覚えています。(S・Sさん)

    かぼちゃ好きな私が結婚したのは、なんとかぼちゃ嫌いのヒト。一緒にかぼちゃを楽しめない、と嘆く私をクノールカップスープの栗かぼちゃが救ってくれました。夫はコーンクリーム、私は栗かぼちゃと、それぞれ好きな味を楽しんでいます♪(H・Oさん)

    子どもの頃、お湯の量を毎回少しずつ変えて、自分のベストな濃さを探っていました。ちょっと頑張った日は、自分へのご褒美として、親に内緒でこっそり2袋使ってみたり。大人になった今でも、疲れた日はぜいたく使いするなど、楽しんでいます。(S・Eさん)
    ☞いろいろな「バリエーション」があってよかった!2袋使いは、子どもの頃のあこがれだったという声も多かったです。

  • 勉強で頑張る深夜のお供に

    学生時代、研究室で泊まり込みで論文を書いている時に、よくお世話になりました。カップの湯気でPCメガネを曇らせながら、仲間と他愛もない話に花を咲かせたのは良い思い出です。(R・Uさん)

    受験勉強中、もうひと頑張りしたいとき、夜食に飲んでいました。特にコーンクリーム、きのこ、オニオンコンソメがお気に入り。無事大学入学後も「クノール」愛は衰えず、忙しい研究の合間によく頼っていました。(Y・Mさん)

    高校受験の時、深夜の夜食によく飲みました。ひんやりした部屋で、カップを手に温まりながら、受験後のあれこれを想像していました。(E・Sさん)
    ☞夜遅くまで勉強しているとき、カップスープは、おなかもココロも温めてくれる頼れる存在だったようです。
    家族との団らんや、1人で過ごすリラックスタイムに大活躍のクノールカップスープ。 「スープを飲んだ」「作った」それぞれの場面で、作ってくれた人への感謝や、飲む人への思いを感じることができるエピソードがたくさんありました。 やさしく、おいしく、温かいスープのある献立は、コチラから!
    スープと食べる献立

    応援したい「誰かに」「自分に」ぜひ、お試しください。

お客様のお声、ぜひお聞かせください!

紹介しているレシピを作りたいと思いましたか?

その理由を教えてください。

紹介している商品を使ってみたいと思いましたか?

その理由を教えてください。

pagetop
クリップ機能
について

クリップは、お気に入りのレシピを保存できる機能です。AJINOMOTO PARK会員の方はご利用いただけます。ログイン後にクリップしたレシピは、PCとスマートフォンなど異なる環境でアクセスをしても、ご覧いただくことができます。