おいしいを楽しむマガジン

11月24日は和食の日♪聞かれると迷う食事マナー2018/11/20

国内外でますます注目を集める和食。11月24日は“11=いい、24=日本食”ということから、「和食の日」であることはご存じでしょうか?
今回は、この日にちなんだ、簡単なマナークイズをご用意。和食の献立の基本“一汁三菜”に関して出題しますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

正しいのはどっち?和食の基本マナー

  • Q1:正しい「箸の持ち方」はどっち?

                 
  • Q2:「焼き魚の盛り付け」正しいのはどっち?

                 
  • Q3:正しい「配膳の位置」はどっち?

                 
  • Q4:「お椀の蓋の置き方」正しいのはどっち?

                 




【解答】
Q1:A Q2:A Q3:A Q4:B

日本には、左上位という古来からのしきたりがあり、魚は頭を左に腹を手前(川魚は背を手前)に盛りつけます。 同じ考え方で、主食のご飯は左、汁ものは右に配置します。お米を大切にしてきた文化のあらわれですね。 お椀の蓋は、内側を上にして置きます。蒔絵などがしつらえてある場合は、鑑賞をする余裕があるとステキですよね。

ごはんとともに毎食欠かせない和食の代表といえば“みそ汁”。毎日の献立に加えたい、旬の食材をたっぷりと使った、王道から変わり種まで、ほっこりあったまる簡単みそ汁のレシピをご紹介します♪

時間がなくても手早く完成!冬のほっこりみそ汁3選

  • れんこんとにんじんのみそ汁

    れんこんとにんじんのみそ汁
    冬が旬の根菜をさっと炒めてから、みそ汁に☆
    れんこんの食感、にんじんの彩り、ほのかに香るごま油が食欲を誘います♪

    作り方はコチラ
  • ほうれん草の豆乳みそ汁

    ほうれん草の豆乳みそ汁
    ひと口飲むと、豆乳のクリーミーなおいしさにほっこり♪冷凍のほうれん草を使えば、包丁いらずで、あっという間に完成!
    作り方はコチラ
  • ブロッコリーのみそ汁

    ブロッコリーのみそ汁
    旬を迎えたブロッコリーの栄養をまるごとおいしくいただけるみそ汁。最後に黒ゴマをかけて、みそ汁の風味にアクセントを。
    作り方はコチラ
日々の食事にあると嬉しいみそ汁。 みそ汁のだしに含まれるうま味成分(アミノ酸)は消化・吸収を助け、食欲のスイッチを入れる働きがあるのだとか。 野菜をはじめ魚介や肉など、たっぷり具材を加えれば、いっそう栄養豊富なひと品にもなりますよね。
和食の日にちなんでAJINOMOTO PARKでは、11月にみそ汁の特設ページを大公開!バリエーション多彩なレシピをラインナップしているので、新しいみそ汁の楽しみ方が見つかるかも♪ぜひ参考に!
47都道府県「地元応援みそ汁」ページはコチラ
pagetop
クリップ機能
について

クリップは、お気に入りのレシピを保存できる機能です。AJINOMOTO PARK会員の方はご利用いただけます。ログイン後にクリップしたレシピは、PCとスマートフォンなど異なる環境でアクセスをしても、ご覧いただくことができます。