“おいしいを楽しむ”マガジン

旬の魚をとことん味わい尽くそう♪秋に食べたいごちそう和食2019/11/19

11月も後半となり、だんだんと寒さが本格的になってきました。寒くなるこの時期は、魚がおいしい季節!脂ののった魚をおいしく食べたいですね。今回は「旬の魚でおいしい和食」をテーマに、いつもと違った味わいで楽しめる魚料理をご紹介!旬のおいしさがギュッと詰まった和食レパートリーをアップデートして、ほっこり温かい時間を過ごしてくださいね♪

塩焼きだけじゃない!魚料理をもっと楽しむアイデア

魚料理といえば、やはり塩焼きが定番です。塩焼きはシンプルでおいしいですが、少しマンネリ気味…という方も多いのでは? 旬の魚を食べるなら、いろんなレシピでとことん味わいたいですね。 そんなときは、普段の魚料理にちょっとしたアイデアを加えて、いつもと違った味わいを楽しんでみませんか?
\魚料理を手軽に楽しむ!アレンジのポイント/

<ポイント1>炊飯器でふっくらおいしい 炊き込みご飯に

  • 炊き込みご飯
    炊き込みご飯の具材といえば、きのこなどの山菜をイメージされますが、魚をつかった炊き込みご飯も◎。焼き魚や切り身を炊飯器に入れて、あとは炊くだけで完成♪旬の魚を贅沢につかうことで、満足度の高い一品に♪

<ポイント2>煮物は食材を工夫して時短で作る

  • 魚の煮物
    旬の魚は煮物にしてもおいしいですよね。作るのに時間がかかりそうなイメージのある煮物も、魚の切り身をつかったり、野菜を薄切りにすることで、料理の時間を大幅に短縮することができます♪

<ポイント3>「ほんだし®」をつかってワンランク上の和食に

  • 「ほんだし」
    和食に欠かせない「だし」。でも、自宅で毎回本格的なだしをとるのは大変ですよね。そこで活用したいのが「ほんだし®」。さまざまな和食メニューの味付けを、簡単手軽においしく仕上げることができます。

魚料理のレパートリーに悩んでいる方必見!旬の魚を堪能できるごちそうレシピ

ここからは、今が旬のさんまをはじめ、秋から冬にかけて旬を迎えるぶりなど、脂ののった魚を味わえるレシピをご紹介♪つかうのは、いつもの和食をもっと簡単においしくする「ほんだし®」!魚料理のレパートリーにお悩みの方必見です。
  • 秋の味覚がズラリ!贅沢なのにさんま一尾で作れて◎♪「さんまの炊き込みご飯」

    さんまの炊き込みご飯
    今年はさんまが高いけど、気軽に楽しみたい…そんな方におすすめしたいのがこちらの炊き込みご飯。さんま一尾で4人分作れるだけでなく、ごぼう、しいたけといった旬の味覚を楽しむことができます♪もちろん、味も「ほんだし®」のうま味がしっかりきいていて絶品!
    【調理時間:25分】

    作り方はコチラ
  • しょうがとだしの香りが食欲をそそる♪「ぶりと生姜の炊き込みご飯」

    ぶりと生姜の炊き込みご飯
    煮ても焼いてもおいしいぶりは、炊き込みご飯でも楽しめます!具材はぶり、しょうがとシンプルですが、口に含んだときに広がるだしの風味がクセになります♪ぶりの切り身は焼かずにそのまま炊飯器に入れるだけなので、手軽に作れちゃいます◎
    【調理時間:10分】

    作り方はコチラ
  • ふっくら仕上がる秘訣は煮過ぎないこと♪「ふっくらカレイの煮つけ」

    ふっくらカレイの煮つけ
    噛んだ瞬間に口いっぱいにだし汁のうま味が広がるカレイの煮つけ。一見作るのが難しそうに見えますが、ちょっとしたコツさえつかめば簡単に作れるんです♪パサつかずにふっくらおいしく仕上げるポイントは、煮汁を煮立ててから魚を入れ、長く煮過ぎないこと。白いご飯との相性が抜群の一品です♪
    【調理時間:15分】

    作り方はコチラ
  • 薄切りにすれば時短でも味しみしみ!「スピードぶり大根」

    スピードぶり大根
    冬の定番料理と言えばぶり大根!脂ののったぶりと味の染みた大根の組み合わせが絶妙ですよね。でも、煮込む時間によっては、大根が硬かったり、味が染み込まないことも。お急ぎのときは、大根を薄切りにすると短時間で柔らかくなります。素早くだしのうま味が染み込んで、しっかりと味の入ったぶり大根になりますよ♪
    【調理時間:10分】

    作り方はコチラ
  • ひと手間加えるだけで皮はパリッ、身はふっくら「白身魚のみぞれあえ」

    白身魚のみぞれあえ
    香ばしく焼いたたらと、さっぱりとした大根おろしが好相性のみぞれあえ。片栗粉を薄くまぶし、両面にしっかり焼き色がついたら弱火で蒸し焼きにすることで、皮はパリッと身はふっくらに仕上がります!大根おろしをたっぷりつかった甘辛タレをかけてめしあがれ♪
    【調理時間:10分】

    作り方はコチラ
  • 絶品のだし汁でご飯が進むこと間違いなし!「牡蠣のたまごとじ」

    牡蠣のたまごとじ
    身がプルプルしたかきのむき身を、とろ〜り半熟卵でとじたこちらのレシピ。作り方は簡単で、「ほんだし®」を入れただし汁に、かきとねぎを加えてひと煮立ちさせ、溶き卵を流し入れるだけ。だしのうま味がきいた煮汁がトロトロの卵に絡んでご飯が進みます♪丼にしても◎
    【調理時間:10分】

    作り方はコチラ
  • 魚をつかったあったか汁もので気分もポカポカ♪「大根と鮭の粕汁風みそ汁」

    大根と鮭の粕汁風みそ汁
    寒い季節に食べたくなる料理といえば粕汁。生ざけをつかって簡単に作れるんです♪作り方は鍋に水、酒、「ほんだし®」を入れて火にかけ、大根、にんじん、生ざけを加えて、火が通ったら酒粕とみそを加えて完成!酒粕とみそのコク、冬野菜の甘みがたまらない♪あったか汁物で心もカラダも大満足◎
    【調理時間:10分】

    作り方はコチラ
  • いかがでしたか?今回は、「ほんだし®」をつかって和食レパートリーをアップデートする魚料理をご紹介しました。
    魚がおいしい季節だからこそ、料理のレパートリーを増やして旬の味覚を味わいたいですね。
    以下の特集サイトでも「ほんだし®」を活用したレシピをご紹介しています。ぜひチェックして魚料理のレパートリーを広げましょう♪

毎日の「おいしい」が
見つかる!

1週間の献立など、簡単でおいしい
料理のアイデアをお届け♪
献立に悩む毎日にサヨナラ!
pagetop
レシピ保存機能
について

レシピ保存は、お気に入りのレシピを保存できる機能です。AJINOMOTO PARK会員の方はご利用いただけます。ログイン後に保存したレシピは、PCとスマートフォンなど異なる環境でアクセスをしても、ご覧いただくことができます。