OPEN MENU

MENU

冷やし鶏そばの献立

合計 50分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 601 kcal
  • ・塩分 4.9 g
  • ・たんぱく質 36.9 g
  • ・野菜摂取量※ 280 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

冷やし鶏そば

20分

材料(2人分)

そば
2玉
鶏ささ身
4本
きゅうり
1本
スプラウト・そばの芽など
50g
温泉卵
2個
1カップ
しょうゆ
大さじ3
みりん
大さじ3
「ほんだし」
小さじ1

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    ささ身はグリルでこんがりと焼いて、ほぐす。
  2. 2

    きゅうりは皮をむいて4cm長さのせん切りにし、スプラウトは半分の長さに切る。
  3. 3

    つゆを作る。小鍋にAを入れて軽く煮立て、火を止め、分量の水を加える。
  4. 4

    鍋にたっぷりの湯を沸かし、そばを入れてゆで、水洗いする。
  5. 5

    器に(4)のそばを盛り、(1)のささ身、(2)のきゅうり・スプラウト、温泉卵をのせ、(3)のつゆをかける。

「冷やし鶏そば」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー431kcal
  • ・塩分2.9 g
  • ・たんぱく質33.3 g
  • ・野菜摂取量※74 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

かぶとラディッシュの漬けもの

25分

材料(4人分)

かぶ
6個
ラディッシュ
1束
「ほんだし こんぶだし」
小さじ1/2
3/4カップ
1/4カップ
砂糖
大さじ3
赤唐がらし・小口切り
1本分

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    かぶは皮をむいてまな板におき、箸で上下にはさみ、格子状に切ってタテ半分に切る。
    ラディッシュも同様に箸で上下にはさみ、格子状に切る。4%塩水に10分漬ける。
  2. 2

    小鍋に「こんぶだし」、Aを入れて混ぜて火にかけ冷まし、甘酢を作る。
  3. 3

    (1)のかぶ・ラディッシュの水気をよくしぼり、(2)の甘酢に漬ける。
  4. *冷蔵庫でひと晩漬けると味がしっかりなじむので、前日に作ってもよいでしょう。
  5. *ファスナー付き密閉ポリ袋に入れると漬け汁が少量でも全体によくなじみます。
  6. *漬け汁は一度ひと煮立ちさせると酢かどがなくなり、まろやかな味になるので、
     必ずひと煮立ちさせましょう。お子様にも食べやすい味に仕上がります。
  7. *かぶ、ラディッシュを菊花に飾り切りすると見た目にも美しく、食べやすさもアップします。

「かぶとラディッシュの漬けもの」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー63kcal
  • ・塩分0.2 g
  • ・たんぱく質1 g
  • ・野菜摂取量※124 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

なすとミニトマトの味わいみそ汁

10分

材料(4人分)

なす
2個(160g)
玉ねぎ
1/2個(100g)
ミニトマト
6個(90g)
3カップ
「ほんだし」
小さじ山盛り1
みそ
大さじ21/2
「AJINOMOTO サラダ油」
大さじ2

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    なすは1cm幅の半月切りにし、玉ねぎは1.5cm角に切る。ミニトマトは半分に切る。
  2. 2

    鍋に油を熱し、(1)のなすを入れて炒め、しんなりしたら、(1)の玉ねぎを加えて炒める。
  3. 3

    Aを加えてひと煮立ちさせ、(1)のミニトマトを加えて火を弱め、みそを溶き入れる。
  4. *お好みで仕上げにごま油やオリーブオイルをかけてもおいしくお召し上がりいただけます。

「なすとミニトマトの味わいみそ汁」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー107kcal
  • ・塩分1.8 g
  • ・たんぱく質2.6 g
  • ・野菜摂取量※82 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

会員登録後、「AJINOMOTO PARK」CLUB に訪問いただくと、毎日がちょっと楽しくなる情報や会員限定キャンペーンなどをお届け!

ほかにも

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。