OPEN MENU

MENU

帆立風味のあっさり混ぜごはんの献立

合計 25分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 839 kcal
  • ・塩分 4.3 g
  • ・たんぱく質 28.7 g
  • ・野菜摂取量※ 214 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

帆立風味のあっさり混ぜごはん

5分

材料(4人分)

冷やご飯・茶碗4杯分
800g
小松菜
2株
みりん
大さじ12/3
「味の素KK干し貝柱スープ」
大さじ11/3
しょうゆ
小さじ2
いり白ごま
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    耐熱ボウルに冷やご飯、Aを混ぜ合わせてラップをかけ、
    電子レンジ(600W)で4分加熱する。
  2. 2

    小松菜は塩少々(分量外)を入れた熱湯でサッとゆでて1cm幅に切り、
    (1)のご飯に混ぜる。
  3. 3

    器に盛り、ごまをかける。
  4. *おにぎりや焼きおにぎりにしてもおいしくお召し上がりいただけます。

「帆立風味のあっさり混ぜごはん」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー345kcal
  • ・塩分1.5 g
  • ・たんぱく質6.1 g
  • ・野菜摂取量※21 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

豚バラと水菜のはりはり鍋

15分

材料(4人分)

豚バラ薄切り肉
400g
水菜
2束
えのきだけ
100g
油揚げ
2枚
720ml
「鍋キューブ おでん本舗」あごだし醤油
4個

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    豚肉は食べやすい長さに切る。水菜は4等分の長さに切り、えのきだけは石づきを取り、小房に分ける。油揚げはタテ1.5cm幅の短冊切りにする。
  2. 2

    鍋にAを入れて火にかけ、沸騰したら、火を止める。
  3. 3

    鍋に(1)の豚肉・油揚げ・えのきだけを加え、(1)の水菜をのせる。フタをして、再び火にかけ、肉に火が通るまで煮る。

「豚バラと水菜のはりはり鍋」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー475kcal
  • ・塩分2.8 g
  • ・たんぱく質21.4 g
  • ・野菜摂取量※85 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

レンジ蒸しなす

10分

材料(2人分)

なす
3個
ザクザクうま辛ラー油だれ
適量
ポン酢しょうゆ
少々

レシピ提供:味の素KK

つくり方

  1. 1

    なすはピーラーでしま目に皮をむく。ラップをかけて電子レンジ(600W)で5分加熱する。
  2. 2

    同じサイズの皿をかぶせてはさみ、水気をしぼる。斜めに切って、器に盛り、ザクザクうま辛ラー油だれ、ポン酢しょうゆをかける。
  3. 【ザクザクうま辛ラー油だれの作り方(作りやすい分量)】
  4. [1]玉ねぎのみじん切り50gに「瀬戸のほんじお」小さじ1/4(分量外)をまぶしてよくもみ、厚手のキッチンペーパーか、ふきんに包んで水気をギュッとしぼる。
  5. [2]耐熱ボウルに[1]・にんにくのみじん切り20g・砂糖小さじ1・「AJINOMOTO サラダ油」大さじ4を入れて混ぜ、ラップをかけずに電子レンジ(600W)で4分加熱し、ひと混ぜして2~3分加熱する。
  6. (泡が少なくなってきて、うすく色づき始めたら取り出す。)
  7. [3]余熱でにんにくがきつね色になるまで混ぜ、すぐに「Cook Do」熟成豆板醤大さじ1・「味の素®」70g瓶5ふり・「AJINOMOTO ごま油好きのごま油」大さじ2を加えて混ぜる。
  8. [4]袋の上から柿の種を瓶の底などでくだき、食べる時にあえる。

「レンジ蒸しなす」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー19kcal
  • ・塩分0 g
  • ・たんぱく質1.2 g
  • ・野菜摂取量※108 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

会員登録後、「AJINOMOTO PARK」CLUB に訪問いただくと、毎日がちょっと楽しくなる情報や会員限定キャンペーンなどをお届け!

ほかにも

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。