OPEN MENU

MENU

かに玉あんかけの献立

献立 35分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 384 kcal
  • ・塩分 5.6 g
  • ・たんぱく質 29.0 g
  • ・野菜摂取量※ 164 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

かに玉あんかけ

15分

材料(2人分)

卵・Lサイズ
3個
「丸鶏がらスープ」
小さじ1
こしょう
少々
かに缶
50g
ゆでたけのこ
30g
しいたけ
2枚
ねぎ・みじん切り
大さじ2
「AJINOMOTO 大豆の油健康プラス」
大さじ1
70ml
「丸鶏がらスープ」
少々
砂糖
小さじ1
小さじ1
しょうゆ
小さじ1
トマトケチャップ
大さじ1
片栗粉
小さじ1
香菜
少々

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    卵を溶きほぐして「丸鶏がらスープ」、こしょうをし、かに缶を加え混ぜる。
  2. 2

    たけのこ、しいたけは4~5cm長さのせん切りにする。
  3. 3

    フライパンに油を熱し、(1)の卵液を流し入れ、ヘラで手早く混ぜて半熟にする。
  4. 4

    (3)の上に(2)の野菜、ねぎを散らして半分に折り、返して両面に焼き色をつける。
  5. 5

    小鍋にAを混ぜ合わせて煮立て、とろみをつけ、あんを作る。
  6. 6

    (4)のかに玉を放射状に切って器に盛り、(5)のあんをかけ、香菜を添える。
  7. *かに缶の代わりに帆立缶・ツナ缶でもよい。

「かに玉あんかけ」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー244kcal
  • ・塩分2.1 g
  • ・たんぱく質16.6 g
  • ・野菜摂取量※23 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

にんじんとツナのごまみそだれ和え

10分

材料(2人分)

もやし
1/2袋
にら
1/2束
にんじん
50g
ツナ缶(ノンオイル)
1缶
「Cook Do」棒棒鶏用2人前
1袋

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    にらは5cm長さに切り、にんじんはせん切りにする。ツナは汁気をきっておく。
  2. 2

    耐熱ボウルに(1)のにんじん、もやし、(1)のにらを順にのせ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600W)で2分ほど加熱する。
  3. 3

    粗熱が取れたら、(1)のツナ、「Cook Do」を加えてよく混ぜる。

「にんじんとツナのごまみそだれ和え」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー120kcal
  • ・塩分1.6 g
  • ・たんぱく質10.6 g
  • ・野菜摂取量※111 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

黄瓜彩色湯(きゅうりとザーサイのスープ)

15分

材料(4人分)

きゅうり
1本
絹ごし豆腐・1/4丁
75g
ザーサイ
20g
「味の素KK干し貝柱スープ」
大さじ11/3
3カップ
「瀬戸のほんじお」
少々

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    きゅうりは皮をむき、タテ4等分にして種を取り除き、半分の長さに切ってから、
    せん切りにする。
  2. 2

    (1)のきゅうりを塩でよくもみ、しばらくおいてから、しっかり水気をしぼる。
  3. 3

    豆腐は5mm幅の細切りにする。ザーサイは5mm幅の細切りにし、
    5分ほど水につけ、塩抜きする。
  4. 4

    鍋に水、「干し貝柱スープ」、(3)のザーサイを入れ、弱火で5分間煮た後、
    (3)の豆腐、(2)のきゅうりを加え、ひと煮立ちさせる。
  5. *ザーサイの代わりに白菜の漬けもの、古漬けのきゅうり、たくあん、キムチなどを
     使用しても、おいしく仕上がります。

「黄瓜彩色湯(きゅうりとザーサイのスープ)」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー20kcal
  • ・塩分1.9 g
  • ・たんぱく質1.8 g
  • ・野菜摂取量※30 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。