OPEN MENU

MENU

里いもと豚肉のごまみそ煮の献立

献立 51分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 385 kcal
  • ・塩分 3.5 g
  • ・たんぱく質 22.4 g
  • ・野菜摂取量※ 132 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

里いもと豚肉のごまみそ煮

45分

材料(2人分)

里いも・正味300g
500g
豚肩ロース薄切り肉
150g
さやいんげん
50g
1/2カップ
信州みそ
大さじ11/2
大さじ11/2
砂糖
大さじ1
「ほんだし」
小さじ1/3
1カップ
すり白ごま
大さじ1

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    里いもは厚めに皮をむき、大きいものは2~3つに切り、
    ボウルに入れて塩小さじ2/3を加えてもみ、ぬめりが出たら水洗いして水気をきる。
  2. 2

    豚肉は3等分に切る。さやいんげんは2分ほど塩ゆでにし、冷水に取って水気をきり、
    長さを3等分に切る。
  3. 3

    鍋にAを煮立て、(2)の豚肉をほぐしながら入れ、肉の色が変わるまで煮る。
    豚肉は汁をきって取り出す。「ほんだし」、水を加えて煮る。
  4. 4

    煮立ったらアクを取り、(1)の里いもを加えて落としぶたをし、
    途中上下を返しながら20~25分ほど弱火で煮る。
  5. 5

    (2)のさやいんげんを加え、(3)の豚肉を戻し入れて汁を煮からめ、
    火を止め、ごまを加えてサッとからめる。

「里いもと豚肉のごまみそ煮」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー321kcal
  • ・塩分1.9 g
  • ・たんぱく質18.6 g
  • ・野菜摂取量※24 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

レンジ蒸しなす

10分

材料(2人分)

なす
3個
ザクザクうま辛ラー油だれ
適量
ポン酢しょうゆ
少々

レシピ提供:味の素KK

つくり方

  1. 1

    なすはピーラーでしま目に皮をむく。ラップをかけて電子レンジ(600W)で5分加熱する。
  2. 2

    同じサイズの皿をかぶせてはさみ、水気をしぼる。斜めに切って、器に盛り、ザクザクうま辛ラー油だれ、ポン酢しょうゆをかける。
  3. 【ザクザクうま辛ラー油だれの作り方(作りやすい分量)】
  4. [1]玉ねぎのみじん切り50gに「瀬戸のほんじお」小さじ1/4(分量外)をまぶしてよくもみ、厚手のキッチンペーパーか、ふきんに包んで水気をギュッとしぼる。
  5. [2]耐熱ボウルに[1]・にんにくのみじん切り20g・砂糖小さじ1・「AJINOMOTO サラダ油」大さじ4を入れて混ぜ、ラップをかけずに電子レンジ(600W)で4分加熱し、ひと混ぜして2~3分加熱する。
  6. (泡が少なくなってきて、うすく色づき始めたら取り出す。)
  7. [3]余熱でにんにくがきつね色になるまで混ぜ、すぐに「Cook Do」熟成豆板醤大さじ1・「味の素®」70g瓶5ふり・「AJINOMOTO ごま油好きのごま油」大さじ2を加えて混ぜる。
  8. [4]袋の上から柿の種を瓶の底などでくだき、食べる時にあえる。

「レンジ蒸しなす」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー19kcal
  • ・塩分0 g
  • ・たんぱく質1.2 g
  • ・野菜摂取量※108 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

「具たっぷり味噌汁」ごぼうとお麩

1分

材料(1人分)

「具たっぷり味噌汁」ごぼうとお麩
1袋
熱湯
160ml

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    器に「具たっぷり味噌汁」を入れ、分量の熱湯を注ぎ、よくかき混ぜる。
  2. *調理時・喫食時の熱湯には十分ご注意ください。

「「具たっぷり味噌汁」ごぼうとお麩」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー45kcal
  • ・塩分1.6 g
  • ・たんぱく質2.6 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。