OPEN MENU

MENU

土鍋で作る 今治鯛めしの献立

献立 85分 (時間外を除く)

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 755 kcal
  • ・塩分 4.5 g
  • ・たんぱく質 34.8 g
  • ・野菜摂取量※ 146 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

土鍋で作る 今治鯛めし

50分 (時間外を除く)

材料(4人分)

3カップ
たい・小1尾
300g
660ml
大さじ2
うす口しょうゆ
大さじ1
みりん
大さじ1
「ほんだし」
小さじ山盛り1
「瀬戸のほんじお」
小さじ1

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    米は洗ってザルに上げ、水気をきる(時間外)。
  2. 2

    たいはウロコ、腹ワタ、エラを取って水洗いし、腹の中も水気をよく拭き取る。
  3. 3

    土鍋に(1)の米、Aを入れてよく混ぜ、(2)のたいをのせ、フタをして強火にかける。
  4. 4

    吹きこぼれるまで強火で7分、少し弱めて中火10~15分炊き、火を止めて10分蒸らす。
  5. *土鍋からたいを取り出し、身をほぐし、ご飯に戻し入れて混ぜ込み、茶碗によそい、お好みで刻みのり、木の芽をのせてお召し上がりください。

「土鍋で作る 今治鯛めし」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー540kcal
  • ・塩分2.3 g
  • ・たんぱく質15.9 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

ほうれん草の海苔あえ

10分

材料(2人分)

ほうれん草
1/2束(100g)
焼きのり
1/2枚
小さじ1/2
「ほんだし」
小さじ1/2
しょうがのすりおろし
1/4かけ分(3g)

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    ほうれん草はサッとゆでて冷水にとり、水気をしぼって4cm長さに切る。
    のりは軽くあぶり、こまかくちぎる。
  2. 2

    ボウルにAを入れて混ぜ合わせ、(1)のほうれん草・のりを加えてあえる。
  3. 3

    器に盛り、しょうがをのせる。

「ほうれん草の海苔あえ」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー13kcal
  • ・塩分0.3 g
  • ・たんぱく質1.5 g
  • ・野菜摂取量※47 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

福島のいも煮

30分

材料(4人分)

里いも
6個(300g)
豚肩ロース赤身肉
200g
にんじん
2/3本(100g)
ごぼう
2/3本(100g)
大根
200g
こんにゃく
1/2枚
木綿豆腐
1/2丁
まいたけ
1/2パック(50g)
しめじ
1/2パック(50g)
えのきだけ
1/2袋
長ねぎ
1/2本
5カップ
「お塩控えめの・ほんだし」
大さじ1
みそ
大さじ2
減塩しょうゆ
大さじ1

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    里いもは皮をむき、大きいものは2~3等分に切り、塩でもみ、水洗いしてぬめりを取る。にんじん、大根は5mm幅のいちょう切りにする。ごぼうは3~4mm幅の斜め切りにして水に放してアクを抜き、水気をきる。こんにゃくは手でちぎり、下ゆでする。
  2. 2

    豚肉は4cm幅に切る。ねぎは1cm幅の斜め切りにする。しめじ、まいたけは小房に分け、えのきだけは根元を切り、半分の長さに切ってほぐす。
  3. 3

    鍋に A 、(1)の里いも・にんじん・大根・ごぼう・こんにゃくを入れ、みその1/5量を加えて火にかける。沸騰したら、(2)の豚肉を加え、アクを取り、15分煮る。
  4. 4

    里いもがやわらかくなったら、(2)のしめじ・まいたけ・えのきだけを加え、豆腐を手でちぎりながら加える。減塩しょうゆ、残りのみそを少しずつ加えて、好みの味に調え、最後に(2)のねぎを加えてひと煮立ちさせる。

「福島のいも煮」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー202kcal
  • ・塩分1.9 g
  • ・たんぱく質17.4 g
  • ・野菜摂取量※99 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。