OPEN MENU

MENU

にんじんジャムとチーズのサンドイッチの献立

合計 34分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 656 kcal
  • ・塩分 3.3 g
  • ・たんぱく質 28.3 g
  • ・野菜摂取量※ 188 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

にんじんジャムとチーズのサンドイッチ

28分

材料(2人分)

サンドイッチ用食パン
4枚
にんじん
1本(200g)
1/2カップ
「パルスイート」
大さじ4
レモン汁
大さじ2
カッテージチーズ
大さじ4(40g)
パセリ
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    にんじんは皮をむき、太い部分に十文字に切り込みを入れ、ラップで包み、電子レンジ(600W)で5~6分ほど加熱する。
  2. 2

    ミキサーに(1)のにんじん、水を入れてかけ、ペースト状にする。
  3. 3

    大きめの耐熱ボウルに(2)のにんじん、「パルスイート」、レモン汁を入れて混ぜ合わせ、ラップをせず、電子レンジ(600W)で6分加熱する。サッと混ぜ合わせ、さらに3分加熱し、にんじんジャムを作る。
  4. 4

    サンドイッチ用食パン2枚に、それぞれ(3)のにんじんジャム大さじ2、カッテージチーズ大さじ2をはさみ、食べやすい大きさに切る。同様にもう1組作る。
  5. 5

    器に盛り、パセリを添える。
  6. *「パルスイート」を使用したジャムは、砂糖を使用したジャムに比べて保存期間は短くなりますので、なるべく早めにお召し上がりください。

「にんじんジャムとチーズのサンドイッチ」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー138kcal
  • ・塩分0.7 g
  • ・たんぱく質6.6 g
  • ・野菜摂取量※33 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

なすのボローニャ風炒め煮

9分

材料(2人分)

豚ひき肉
200g
なす
2個(160g)
パプリカ(赤)
1個(150g)
「Bistro Do」なすのボローニャ風炒め煮用
1箱
「AJINOMOTO サラダ油」
大さじ2

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    なすは1cm幅の輪切りにする。パプリカは3cm角のひと口大に切る。
  2. 2

    フライパンに油を熱し、(1)のなすを入れて3~4分炒め、両面に焼き色がついたら皿にとる。
  3. 3

    同じフライパンにひき肉を入れて炒め、火が通ったら、(1)のパプリカを加え、(2)のなすを戻し入れ、フタをして弱火で2分蒸し焼きにし、火を止める。
  4. 4

    「Bistro Do」を加えて再び火をつけ、手早く混ぜ合わせる。
  5. *ソースを加えた後の加熱時間が長いと、具材の水分が出て味が薄くなってしまうので、加熱し過ぎないようご注意ください。

「なすのボローニャ風炒め煮」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー452kcal
  • ・塩分1.6 g
  • ・たんぱく質20.8 g
  • ・野菜摂取量※155 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

「クノール カップスープ」つぶたっぷりコーンクリーム

2分

材料(1人分)

「クノール カップスープ」つぶたっぷりコーンクリーム
1袋
熱湯
150ml

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    カップに「クノール カップスープ」を入れる。
  2. 2

    熱湯を注ぎ、すぐに15秒ほどかき混ぜる。
  3. *150mlの目安はマグカップ6分目、コーヒーカップ8分目です。
  4. *調理時、飲用時の熱湯でのやけどには、充分ご注意ください。

「「クノール カップスープ」つぶたっぷりコーンクリーム」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー66kcal
  • ・塩分1 g
  • ・たんぱく質0.9 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

会員登録後、「AJINOMOTO PARK」CLUB に訪問いただくと、毎日がちょっと楽しくなる情報や会員限定キャンペーンなどをお届け!

ほかにも

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。