OPEN MENU

MENU

たけのこと油揚げのおにぎりの献立

合計 35分 (時間外を除く)

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 695 kcal
  • ・塩分 4.5 g
  • ・たんぱく質 24.3 g
  • ・野菜摂取量※ 215 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

たけのこと油揚げのおにぎり

10分

材料(2人分)

ご飯
300g
ゆでたけのこ
80g
油揚げ
1/2枚
「ほんだし」
小さじ1/2
大さじ3
しょうゆ
大さじ1
みりん
大さじ1
「瀬戸のほんじお」
少々

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    たけのこは粗みじん切りにする。油揚げはサッと熱湯をかけ、油抜きをしてみじん切りにする。
  2. 2

    鍋に(1)のたけのこ・油揚げ、「ほんだし」、Aを入れ、汁気がなくなるまで煮る。
  3. 3

    ボウルにご飯を入れ、(2)のたけのこ・油揚げを加えて混ぜ合わせ、4等分にし、円盤形に握る。

「たけのこと油揚げのおにぎり」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー305kcal
  • ・塩分1.9 g
  • ・たんぱく質7.8 g
  • ・野菜摂取量※40 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

野菜しっかりとん平焼き 豚みそソース

20分

材料(2人分)

豚バラ薄切り肉
80g
キャベツ
1/4個
にんじん
5cm
ピーマン
1個
「丸鶏がらスープ」
小さじ1
2個
大さじ2
砂糖
大さじ1/2
「Cook Do」オイスターソース
小さじ1
肉味噌(市販品)・豚みそ
小さじ1
「AJINOMOTO さらさらキャノーラ油」
大さじ11/2

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    豚肉は5cm幅に切る。キャベツ、にんじん、ピーマンは細切りにする。卵は溶きほぐす。
  2. 2

    フライパンに油大さじ1を熱し、(1)の溶き卵を流し入れて薄く焼き、皿にとる。
  3. 3

    同じフライパンに油大さじ1/2を足し、(1)の豚肉を入れて炒める。肉の色が変わったら、(1)のキャベツ・にんじん・ピーマンを加えて炒め、しんなりしたら、「丸鶏がらスープ」で味を調える。
  4. 4

    (2)の薄く焼いた卵の上に、(3)をのせ、折りたたむように包む。
  5. 5

    耐熱容器にAを入れて合わせ、ラップをかけずに、電子レンジ(600W)で1分加熱し、みそダレを作り、(4)にかける。
  6. *お好みで小ねぎの小口切りを散らしてもおいしくお召し上がりいただけます

「野菜しっかりとん平焼き 豚みそソース」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー373kcal
  • ・塩分1.4 g
  • ・たんぱく質14.6 g
  • ・野菜摂取量※167 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

貝の吸いもの

10分

材料(4人分)

あさり(殻つき)
12個(260g)
長ねぎ
15cm(30g)
4カップ
大さじ1
うす口しょうゆ
小さじ1
「ほんだし こんぶだし」8gスティック
1/2本

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    あさりは海水程度の塩水で砂抜きをして、殻をこすってきれいに洗う(時間外)。ねぎは5cm長さに切り、開いて芯を取り、せん切りにして白髪ねぎを作り、水に放しシャキッとさせる。
  2. 2

    鍋に分量の水を入れて沸かし、(1)のあさりを加える。煮立って殻が開いたらアクを取り、Aで味を調える。
  3. 3

    椀によそい、仕上げに(1)の白髪ねぎを天盛りにする。

「貝の吸いもの」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー17kcal
  • ・塩分1.2 g
  • ・たんぱく質1.9 g
  • ・野菜摂取量※8 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

会員登録後、「AJINOMOTO PARK」CLUB に訪問いただくと、毎日がちょっと楽しくなる情報や会員限定キャンペーンなどをお届け!

ほかにも

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。