OPEN MENU

MENU

ひき肉とみつばの卵焼きの献立

合計 40分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 480 kcal
  • ・塩分 2.9 g
  • ・たんぱく質 25.2 g
  • ・野菜摂取量※ 143 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

ひき肉とみつばの卵焼き

20分

材料(2人分)

3個
みつば
20本
大さじ2
みりん
小さじ2
しょうゆ
小さじ1/2
「ほんだし」
小さじ1/4
「瀬戸のほんじお」
ひとつまみ
肉そぼろ
30g
「AJINOMOTO サラダ油」
少々

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    みつばは2cm幅に切る。
    ボウルに卵を溶きほぐし、A、みつば、肉そぼろを加えて混ぜる。
  2. 2

    卵焼き器に油少々を熱し、(1)の卵液を玉じゃくし七分目ほど入れて中火で焼き、
    卵に火が通ったら向こう側から手前に向かって巻く。
  3. 3

    巻いた卵を向こう側に寄せ、鍋に油をなじませ、(1)の卵液を流して巻く。
    これをくりかえして焼き上げ、食べやすい大きさに切る。
  4. 【肉そぼろの作り方(作りやすい分量)】
  5. [1]鍋に油小さじ1を熱し、しょうがのすりおろし10g、豚ひき肉300gを入れて
    ほぐしながら中火で炒める。ひき肉に火が通ったら泡立て器で上からつぶすようにして
    かたまりをほぐし、パラパラにする。
  6. [2]水・みりん・しょうゆ各大さじ3、砂糖大さじ2を加え弱火で汁が少し残るくらいまで
    煮詰める。

「ひき肉とみつばの卵焼き」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー182kcal
  • ・塩分1.5 g
  • ・たんぱく質12.8 g
  • ・野菜摂取量※15 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

油揚げと水菜のピリ辛和え

10分

材料(2人分)

水菜
1/2束
油揚げ
1枚
「AJINOMOTO 濃口ごま油」
大さじ1/2
うま味調味料「味の素®」
少々
七味唐がらし
少々

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    水菜は根元を切って3cm長さに切る。
  2. 2

    天板に油揚げをのせてオーブントースターでカリッと焼き、細切りにする。
  3. 3

    ボウルに(1)の水菜、(2)の油揚げ、Aを入れてあえる。

「油揚げと水菜のピリ辛和え」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー98kcal
  • ・塩分0 g
  • ・たんぱく質4.4 g
  • ・野菜摂取量※43 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

山盛りキャベツの絶品豚汁<塩分控えめ>

15分

材料(2人分)

豚バラ薄切り肉
75g
キャベツ
1/8個(150g)
にんじん
3cm(30g)
しょうが
1/4かけ(3g)
長ねぎ
5cm(10g)
11/2カップ
「お塩控えめの・ほんだし」
小さじ1
みそ
大さじ1
「AJINOMOTO 濃口ごま油」
小さじ1

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    豚肉、キャベツはひと口大に切る。にんじんは短冊切りにする。しょうがは5mm幅の短冊切りにし、ねぎは斜め薄切りにする。
  2. 2

    鍋にごま油を熱し、(1)のキャベツを入れて焼き色がつき、カサが減るまでしっかり炒める。(1)のにんじん・しょうがを加え、火が通るまでさらに炒める。
  3. 3

    (1)の豚肉を加え、肉の色が変わったらA、(1)のねぎを加えて5分ほど煮て、みそを溶き入れる。

「山盛りキャベツの絶品豚汁<塩分控えめ>」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー200kcal
  • ・塩分1.4 g
  • ・たんぱく質8 g
  • ・野菜摂取量※85 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

会員登録後、「AJINOMOTO PARK」CLUB に訪問いただくと、毎日がちょっと楽しくなる情報や会員限定キャンペーンなどをお届け!

ほかにも

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。