OPEN MENU

MENU

のりチーズトマトサンドの献立

合計 50分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 635 kcal
  • ・塩分 3.4 g
  • ・たんぱく質 25.7 g
  • ・野菜摂取量※ 234 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

のりチーズトマトサンド

10分

材料(4人分)

サンドイッチ用食パン
4枚
「ピュアセレクト マヨネーズ」
小さじ4
のり
1/2枚
スライスチーズ
2枚
ミニトマト
6個

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    のりを食パンと同じ大きさに切る。ミニトマトは薄切りにする。
  2. 2

    食パン2枚に「ピュアセレクトマヨネーズ」各小さじ1を塗る。
  3. 3

    (1)ののり・ミニトマト、チーズを各1/2量ずつのせ、
    もう1枚のパンではさみ、半分に切る。同様にあと1つ作る。

「のりチーズトマトサンド」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー124kcal
  • ・塩分0.6 g
  • ・たんぱく質4.5 g
  • ・野菜摂取量※22 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

帆立とかぼちゃのカレークリームグラタン

30分

材料(2人分)

帆立貝柱(刺身)
120g
かぼちゃ
200g
玉ねぎ
1/4個
パプリカ(赤)
30g
薄力粉
大さじ2
カレー粉
小さじ1
牛乳
11/2カップ
「味の素KKコンソメ」顆粒タイプ
小さじ11/2
乾燥パン粉
適量
バター
大さじ3
「AJINOMOTO サラダ油」
小さじ1

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    帆立貝柱は厚さを半分に切る。フライパンにバター大さじ1を熱し、帆立貝柱を両面焼く。
  2. 2

    かぼちゃはひと口大に切り、耐熱容器に並べてラップをかけ、電子レンジ(600W)で3分ほど加熱する。玉ねぎは薄切りにし、パプリカはひと口大に切る。
  3. 3

    フライパンにバター大さじ2を熱し、(2)の玉ねぎを入れ、しんなりするまで弱火で炒める。薄力粉を加え、粉っぽさがなくなるまで炒め、カレー粉を加え炒める。
  4. 4

    牛乳を少量ずつ加えながら混ぜ合わせ、とろみがつくまで加熱し、「コンソメ」で調味し、ソースを作る。
  5. 5

    耐熱容器にバター適量を塗り、(1)の帆立貝柱、(2)のかぼちゃ・パプリカを並べ、(4)のソースをかける。パン粉をふり、油をかけて200℃に熱したオーブンで6~8分焼く。
  6. *ソースは焦げないように、弱火で作りましょう。

「帆立とかぼちゃのカレークリームグラタン」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー415kcal
  • ・塩分1.6 g
  • ・たんぱく質18.6 g
  • ・野菜摂取量※127 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

キャベツとブロッコリーの芯のスープ

15分

材料(2人分)

キャベツ・芯の部分
1/2個分(50g)
ブロッコリーの茎
1個分(100g)
にんじん
1/3本(50g)
11/2カップ
「味の素KKコンソメ」固形タイプ
1個
「AJINOMOTO サラダ油」
大さじ1
黒こしょう
少々

*「味の素KKコンソメ」固形1個は、顆粒で小さじ2杯です。

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    キャベツの芯、ブロッコリーの茎は粗みじん切りにする。にんじんは5mm角に切る。
  2. 2

    鍋に油を熱し、(1)のキャベツの芯・ブロッコリーの茎・にんじんを入れて炒める。しんなりとしてきたらAを加え、弱火から中火で5分ほど煮る。
  3. 3

    器に盛り、黒こしょうをふる。

「キャベツとブロッコリーの芯のスープ」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー96kcal
  • ・塩分1.2 g
  • ・たんぱく質2.6 g
  • ・野菜摂取量※85 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

会員登録後、「AJINOMOTO PARK」CLUB に訪問いただくと、毎日がちょっと楽しくなる情報や会員限定キャンペーンなどをお届け!

ほかにも

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。