OPEN MENU

MENU

春巻きの献立

献立 45分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 773 kcal
  • ・塩分 4.1 g
  • ・たんぱく質 22.2 g
  • ・野菜摂取量※ 128 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

春巻き

30分

材料(4人分)

春巻の皮
8枚
豚もも薄切り肉
150g
しいたけ
4枚
ゆでたけのこ
70g
ピーマン
1個
にんじん
1/2本(50g)
春雨(乾)
30g
1カップ
「Cook Do 香味ペースト」<オイスター醤油味>
24cm(17g)
大さじ1
片栗粉
大さじ1
大さじ2
薄力粉
大さじ1
「AJINOMOTO サラダ油」
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    豚肉、しいたけ、たけのこ、ピーマン、にんじんはせん切りにする。
  2. 2

    春雨は熱湯で1分ゆでてザルに上げ、冷水につけて粗熱を取り、水気をきって
    2~3cm長さに切る。
  3. 3

    フライパンに油大さじ1を熱し、(1)の豚肉を入れてほぐすように炒める。肉の色が変わったら、(1)のしいたけ・たけのこ・ピーマン・にんじんを加えて炒める。
  4. 4

    (2)の春雨を加えて炒め合わせ、Aを加えて1分ほど煮る。Bの水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、バットに移して広げ、粗熱を取る。
  5. 5

    春巻の皮1枚を手前に角がくるように置き、(4)の1/8量をのせる。春巻の皮のフチにCを塗り、手前を向こうに折り、両端を内側に織り込んで棒状になるように包み込む。
  6. 6

    巻き終わりを下にして、乾いたふきんなどを敷いたバットに並べる。残りも同じように包む。
  7. 7

    フライパンの深さ半分ほどまで油を入れて中温よりやや低めに熱し、(6)の春巻を4本ずつ弱火でゆっくり、裏返しながらカリッとなるように4~5分揚げる。残りも同様に揚げる。

「春巻き」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー421kcal
  • ・塩分1.5 g
  • ・たんぱく質11.8 g
  • ・野菜摂取量※37 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

夏野菜の麻婆グラタン

15分

材料(4人分)

トマト
1個(200g)
なす
1個(80g)
ズッキーニ
1/2本(100g)
「Cook Do」麻婆茄子用3~4人前
1箱
ピザ用チーズ
50g

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    なす、ズッキーニは5mm幅の輪切りにし、トマトは半月切りにする。
  2. 2

    耐熱容器に(1)のなす・ズッキーニ・トマトを並べ、「Cook Do」、ピザ用チーズの順にかける。
  3. 3

    オーブントースターで7分焼き、表面に焼き色がついたら、アルミホイルをかけてさらに5分焼く。
  4. *焼き時間はオーブントースターの種類によって調節してください。

「夏野菜の麻婆グラタン」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー106kcal
  • ・塩分1.5 g
  • ・たんぱく質5 g
  • ・野菜摂取量※91 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

あっさり!中華スープもち

5分

材料(1人分)

2個
「クノール 中華スープ」
1食分
熱湯
160ml
小ねぎの小口切り
適量
刻みのり
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    餅は焦がさないようにふっくらと焼く。または電子レンジで加熱してやわらかくする。
  2. 2

    器に(1)の餅を盛り、「クノール 中華スープ」を加えて熱湯を注いで軽くかき混ぜ、小ねぎ、刻みのりを散らす。
  3. *お湯がはねることがありますので、くぼみを下にしてカップに入れてください。
  4. *調理時、飲用時の熱湯でのやけどには充分ご注意ください。

「あっさり!中華スープもち」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー246kcal
  • ・塩分1.1 g
  • ・たんぱく質5.4 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。