OPEN MENU

MENU

野菜たっぷり鶏だんごのトマトあんかけの献立

献立 30分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 586 kcal
  • ・塩分 4.4 g
  • ・たんぱく質 24.6 g
  • ・野菜摂取量※ 163 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

野菜たっぷり鶏だんごのトマトあんかけ

20分

材料(2人分)

鶏ひき肉
100g
玉ねぎ
80g
にんじん
40g
さやいんげん
30g
ホールコーン缶
30g
牛乳
1/4カップ
パン粉
1/2カップ
「ピュアセレクト マヨネーズ」
大さじ1
片栗粉
大さじ1/2
「ほんだし」
小さじ1
こしょう
少々
トマト
150g
150ml
「ほんだし」
大さじ1/2
しょうゆ
小さじ1
水溶き片栗粉
大さじ1/2

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    玉ねぎ、にんじんはみじん切りにし、さやいんげんは小口切りにする。
    コーンは汁気をきる。トマトはザク切りにする。
  2. 2

    耐熱容器に(1)の玉ねぎ・にんじんを入れてラップをかけて、
    電子レンジ(600W)で2分加熱し、(1)のさやいんげんを加えて、
    さらに電子レンジで1分加熱し、冷ます。
  3. 3

    Aは合わせておく。
  4. 4

    ボウルにひき肉、(2)、(3)、(1)のコーン、Bを入れてよく練り混ぜ、
    6等分にして丸める。1個ずつラップで包み、電子レンジ(600W)で、
    5分ほど加熱する。
  5. 5

    鍋にCを入れて火にかけ、煮立ったら、水溶き片栗粉でとろみをつけ、
    (1)のトマトを加えてひと煮立ちさせる。
  6. 6

    器に(4)をラップをはずして盛り、(5)をかける。

「野菜たっぷり鶏だんごのトマトあんかけ」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー266kcal
  • ・塩分2.3 g
  • ・たんぱく質14.1 g
  • ・野菜摂取量※163 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

厚揚げのえのきのせ

10分

材料(4人分)

厚揚げ
1枚
えのきだけ
1袋(200g)
「Cook Do 香味ペースト」
12cm(8.5g)
ポン酢しょうゆ
大さじ1
貝割れ菜・好みで
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    厚揚げはひと口大に切る。えのきだけは長さを半分に切ってほぐす。
  2. 2

    フライパンに油(分量外)数滴をたらして、(1)の厚揚げを入れて焼き、
    ポン酢しょうゆを加えて軽く下味をつけ、器に盛る。
  3. 3

    フライパンに(1)のえのきだけを入れて炒め、「香味ペースト」を加えて調味し、
    (2)の厚揚げの上にのせ、好みで貝割れ菜をのせる。

「厚揚げのえのきのせ」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー74kcal
  • ・塩分1 g
  • ・たんぱく質5.1 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

あっさり!中華スープもち

5分

材料(1人分)

2個
「クノール 中華スープ」
1食分
熱湯
160ml
小ねぎの小口切り
適量
刻みのり
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    餅は焦がさないようにふっくらと焼く。または電子レンジで加熱してやわらかくする。
  2. 2

    器に(1)の餅を盛り、「クノール 中華スープ」を加えて熱湯を注いで軽くかき混ぜ、小ねぎ、刻みのりを散らす。
  3. *お湯がはねることがありますので、くぼみを下にしてカップに入れてください。
  4. *調理時、飲用時の熱湯でのやけどには充分ご注意ください。

「あっさり!中華スープもち」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー246kcal
  • ・塩分1.1 g
  • ・たんぱく質5.4 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。