OPEN MENU

MENU

豚肉の黒酢炒めの献立

献立 35分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 627 kcal
  • ・塩分 5.2 g
  • ・たんぱく質 21.3 g
  • ・野菜摂取量※ 231 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

豚肉の黒酢炒め

10分

材料(4人分)

豚バラ薄切り肉
250g
ピーマン
3個(60g)
長ねぎ
1本(100g)
「Cook Do」豚肉の黒酢炒め用
1箱
「AJINOMOTO サラダ油」
大さじ1

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    豚肉は5cm幅に切る。ピーマンは乱切りにし、ねぎは1cm幅の斜め切りにする。
  2. 2

    フライパンに油を熱し、(1)のピーマン・ねぎを入れてサッと炒め、皿にとる。
  3. 3

    同じフライパンを熱し、(1)の豚肉を入れて炒め、肉に火が通ったら、いったん火を止める。
  4. 4

    (2)のピーマン・ねぎを戻し入れ、「Cook Do」を加えて再び火をつけ、サッと炒め合わせる。
  5. *豚肉を炒めた後、豚肉から出た脂をキッチンペーパーで拭き取るとおいしく仕上がります。

「豚肉の黒酢炒め」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー322kcal
  • ・塩分1.1 g
  • ・たんぱく質9.6 g
  • ・野菜摂取量※40 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

なすとトマトの塩だしぶっかけそうめん

15分

材料(1人分)

そうめん
1束(50g)
なす
1個(80g)
トマト
1/2個(75g)
ロースハム
1枚
大さじ2
「鍋キューブ」鶏だし・うま塩
1個
冷水
1/2カップ
しょうがのすりおろし
小さじ1/2
小ねぎの小口切り
適量
レモンのくし形切り・好みで
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    だし汁を作る。耐熱容器にAを入れ、ラップをかけずに電子レンジ(600W)で
    1分加熱する。スプーンなどで「鍋キューブ」をつぶしてよく溶かし、Bとよく
    混ぜ合わせる。
  2. 2

    なすはヘタを取ってラップで包み、電子レンジで2分加熱する。水にとって冷まし、
    タテ6等分に裂いてから長さを半分に切る。トマトは1cm角に切り、
    ハムは細切りにする。
  3. 3

    そうめんはゆでて冷水で洗い、水気をきって器に盛る。(2)のなす・トマト・ハムをのせ、(1)のだし汁を注ぎ、小ねぎを散らす。好みでレモンを添える。
  4. *「鍋キューブ」がつぶれにくい場合は加熱時間を10秒ずつ延長して調整してください。
  5. *お好みで氷を2~3個入れてもおいしくお召し上がりいただけます。

「なすとトマトの塩だしぶっかけそうめん」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー252kcal
  • ・塩分3.4 g
  • ・たんぱく質10.6 g
  • ・野菜摂取量※147 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

たっぷり野菜の中華風春雨スープ

15分

材料(2人分)

にんじん
3cm(30g)
にら
1/6束(20g)
もやし
40g
春雨
20g
11/2カップ
「丸鶏がらスープ」<塩分ひかえめ>
小さじ1
「Cook Do」オイスターソース
小さじ1
黒こしょう
少々

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    春雨はキッチンばさみなどで半分に切る。にんじんは短冊切りにし、にらはザク切りにする。
  2. 2

    鍋にA、(1)の春雨・にんじんを入れて火にかけ、春雨がやわらかくなったら、(1)のにら、もやしを加えて煮る。火が通ったら、「オイスターソース」で味を調える。
  3. 3

    器に盛り、黒こしょうをふる。

「たっぷり野菜の中華風春雨スープ」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー53kcal
  • ・塩分0.7 g
  • ・たんぱく質1.1 g
  • ・野菜摂取量※44 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。