OPEN MENU

MENU

たけのこのだし炊きご飯<塩分控えめ>の献立

合計 30分 (時間外を除く)

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 661 kcal
  • ・塩分 5.6 g
  • ・たんぱく質 33.3 g
  • ・野菜摂取量※ 156 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

たけのこのだし炊きご飯<塩分控えめ>

10分

材料(4人分)

2合
適量
ゆでたけのこ
1個(200g)
油揚げ
1/2枚(20g)
うす口しょうゆ
大さじ1
「お塩控えめの・ほんだし」
小さじ山盛り2
「やさしお」
少々
みつば・好みで
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    米は洗って30分以上浸水し(時間外)、ザルに上げて水気をきる。
  2. 2

    たけのこは穂先は薄切りにし、根元は1cm角に切る。油揚げは3mm角に切る。
  3. 3

    炊飯器に(1)の米を入れ、2合の目盛りまで水を注ぎ、Aを加え、(2)のたけのこ・油揚げをのせて普通に炊く(時間外)。
  4. 4

    炊き上がったら、軽く混ぜ、器に盛り、好みでみつばをのせる。

「たけのこのだし炊きご飯<塩分控えめ>」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー300kcal
  • ・塩分1.1 g
  • ・たんぱく質8.4 g
  • ・野菜摂取量※50 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

鶏チャーシュー

15分

材料(2人分)

鶏もも肉
1枚
「スチーミー」鶏チャーシュー用
1袋
リーフレタス
適量
トマト
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    「スチーミー」はパウチの上部を切ってジッパーを開ける。鶏肉の皮面がパウチの表面(「この面が上」と書いてある面)の方向になるように入れ。ジッパーをしっかり閉める。
  2. 2

    耐熱皿に(1)の「スチーミー」のパウチを蒸気吹出口が上になるようにのせ、電子レンジ(600W)で8分加熱する。電子レンジの中で5分ほど蒸らし、耐熱皿ごと取り出す。
  3. 3

    「ここを持つ」と表示された部分を持ち、パウチ内の蒸気に注意しながら、ジッパーをゆっくり開ける。トングを使って鶏肉を取り出し、好みの厚さに切る。
  4. 4

    皿に盛り、パウチの中のソースを好みの量かけて、リーフレタス、トマトを添える。
  5. *鶏むね肉を使用すると加熱中に大きく破裂する恐れがありますので。鶏むね肉でのご使用はお控えください。
  6. *皮面を下にして加熱すると焦げる恐れがありますので、皮目を上にしてご使用ください。
  7. *鶏もも肉は皮なしでもおいしくお作りいただけます。皮なしでお作りいただく際も、皮がついていた面(写真)がパウチ表面の方向になるように入れて下さい。
  8. *電子レンジ(500W)を使用の場合は9分30秒加熱してください。

「鶏チャーシュー」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー335kcal
  • ・塩分3.8 g
  • ・たんぱく質23.3 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

チンゲン菜とかぶの味噌汁

10分

材料(2人分)

チンゲン菜
1株(120g)
かぶ・小
2個(120g)
11/2カップ
「お塩控えめの・ほんだし」
小さじ2/3
みそ
大さじ1/2

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    チンゲン菜はザク切りにし、かぶは茎を少し残してくし形に切る。
  2. 2

    鍋にA、(1)のかぶを入れて煮る。かぶがやわらかくなったら、(1)のチンゲン菜を加え、ひと煮立ちしたら、火を止めてみそを溶き入れる。

「チンゲン菜とかぶの味噌汁」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー26kcal
  • ・塩分0.7 g
  • ・たんぱく質1.6 g
  • ・野菜摂取量※106 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

会員登録後、「AJINOMOTO PARK」CLUB に訪問いただくと、毎日がちょっと楽しくなる情報や会員限定キャンペーンなどをお届け!

ほかにも

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。