OPEN MENU

MENU

にんじんたっぷりツナカレーサンドイッチの献立

合計 40分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 604 kcal
  • ・塩分 5.0 g
  • ・たんぱく質 30.5 g
  • ・野菜摂取量※ 248 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

にんじんたっぷりツナカレーサンドイッチ

10分
このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    ツナは水気をきり、Aであえる。
  2. 2

    にんじんはせん切りスライサーでせん切りにし、水気をしっかりしぼってBであえる。レタスはパンの大きさに合わせてちぎる。
  3. 3

    食パン1枚に(1)のツナ、(2)のにんじん・レタスの順にのせる。もう1枚の食パンではさみ、上から押してなじませ、半分に切る。

「にんじんたっぷりツナカレーサンドイッチ」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー257kcal
  • ・塩分2.4 g
  • ・たんぱく質12.9 g
  • ・野菜摂取量※65 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

じゃがいもとほうれん草の豆腐クリームグラタン

20分

材料(2人分)

じゃがいも(小)
3個(200g)
ほうれん草
1/2束(100g)
絹ごし豆腐
200g
牛乳
1/2カップ
「瀬戸のほんじお」
小さじ1/4
こしょう
少々
「味の素KKコンソメ」顆粒タイプ
小さじ1
パン粉
10g
ピザ用チーズ
30g
バター
10g

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    豆腐はキッチンペーパーで包み、耐熱容器に入れてラップをかけずに、電子レンジ(600W )で2~3分加熱し、水気を拭き取る。ほうれん草はザク切りにする。
  2. 2

    ミキサーに(1)の豆腐、Aを入れ、なめらかになるまで撹拌する。
  3. 3

    じゃがいもは3mm幅の薄切りにし、水にさらして水気をきる。耐熱ボウルに入れ、ラップをかけて電子レンジで3分ほど加熱する。
  4. 4

    フライパンにバターを入れて火にかけ、バターが溶けたら、(1)のほうれん草を加えて炒める。しんなりしたら、弱火にし、「コンソメ」、(2)を加えてよく混ぜ合わせ、火を止める。
  5. 5

    耐熱容器に(4)を移し、(3)のじゃがいもを並べ入れ、パン粉をかけ、チーズを散らし、オーブントースター(1000W)で焼き色がつくまで7~8分ほど焼く。

「じゃがいもとほうれん草の豆腐クリームグラタン」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー263kcal
  • ・塩分1.7 g
  • ・たんぱく質14.3 g
  • ・野菜摂取量※45 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

おろしトマトとれんこんのとろとろスープ

15分

材料(4人分)

トマト
2個(300g)
れんこん
1節
ブロッコリー
1/2個(75g)
ウインナーソーセージ
2本
3カップ
「味の素KKコンソメ」<塩分ひかえめ>
2個

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    れんこんの半量は3mm幅のいちょう切りにし、ブロッコリーは小房に分け、
    ソーセージは斜め薄切りにする。
  2. 2

    トマトと、残りのれんこんはすりおろす。
  3. 3

    鍋に水、「コンソメ」を入れて煮立て、(1)のれんこん・ブロッコリー・
    ソーセージを加えて2分煮る。(2)のトマト・れんこんのすりおろしを加え、
    とろみがつくまでさらに1分ほど煮る。
  4. *トマトの酸味が気になる方は、お好みですり白ごまを加えてください。

「おろしトマトとれんこんのとろとろスープ」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー84kcal
  • ・塩分0.9 g
  • ・たんぱく質3.3 g
  • ・野菜摂取量※138 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

会員登録後、「AJINOMOTO PARK」CLUB に訪問いただくと、毎日がちょっと楽しくなる情報や会員限定キャンペーンなどをお届け!

ほかにも

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。