OPEN MENU

MENU

鮭のあごだし茶漬けの献立

合計 35分

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 681 kcal
  • ・塩分 5.1 g
  • ・たんぱく質 25.8 g
  • ・野菜摂取量※ 143 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

鮭のあごだし茶漬け

5分

材料(2人分)

ご飯
2杯(茶碗)(360g)
さけフレーク
40g
11/2カップ
「ほんだし 焼きあごだし」8gスティック
1本
刻みのり
適量
おろしわさび
適量
みつば
適量

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    鍋にAを入れて火にかけ、ひと煮立ちさせ、だし汁を作る。
  2. 2

    器にご飯をよそい、さけフレークをのせ、(1)のだし汁を注ぎ入れ、刻みのり、わさび、みつばなど好みの薬味をのせる。

「鮭のあごだし茶漬け」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー322kcal
  • ・塩分1.7 g
  • ・たんぱく質9.7 g
  • ・野菜摂取量※0 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

なすのみそ炒め煮

15分

材料(4人分)

なす
4個
みそ
大さじ11/2
みりん
大さじ2
砂糖
小さじ1
「ほんだし」
小さじ1
1/2カップ
片栗粉
小さじ1
小さじ2
青じそ
5枚
「AJINOMOTO 胚芽の恵みコーン油」
1カップ

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    なすはしま目に皮をむき、タテ半分に切ってから、皮目に斜め5mm間隔の切り込みを入れ、水に漬ける。青じそはせん切りにする。
  2. 2

    フライパンに油をよく熱し、(1)のなすの水気を拭き取って入れ、揚げ焼きにし、火が通ったら取り出し、油をきる。
  3. 3

    フライパンを軽く拭き、Aを入れて煮立たせ、(2)のなすを戻し入れてひと煮し、Bの水溶き片栗粉でとろみをつける。
  4. 4

    器に盛り、(1)の青じそを添える。

「なすのみそ炒め煮」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー145kcal
  • ・塩分1.1 g
  • ・たんぱく質1.9 g
  • ・野菜摂取量※73 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

いんげんとにんじんの白あえ

20分

材料(2人分)

木綿豆腐
1丁(300g)
さやいんげん
15本
にんじん
4cm(40g)
「瀬戸のほんじお」
適量
しょうゆ
小さじ1
すり白ごま
大さじ3
大さじ1
「ほんだし」
小さじ1/2
砂糖
大さじ1
しょうゆ
小さじ1/2
「瀬戸のほんじお」
小さじ1/4

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    鍋にたっぷりの湯を沸かし、豆腐を手で大まかにちぎって入れる。煮立ったら、ザルに上げて水気をきり、よく冷ます。
  2. 2

    さやいんげんはヘタを切り落とし、4cm長さに切る。鍋にたっぷりの湯を沸かして、塩少々、さやいんげんを入れ、1分ほどゆでる。ザルに上げて水気をきり、ボウルに移す。しょうゆを加えて混ぜ、よく冷やす。
  3. 3

    にんじんは1~2mm幅の短冊切りにする。(2)とは別のボウルに入れ、塩小さじ1/4をふってもみ、5分ほどおく。しんなりとしたらサッと水洗いをして水気をしぼる。
  4. 4

    小さめのボウルに水、「ほんだし」を入れ、よく混ぜる。
  5. 5

    (1)の豆腐をザルで裏ごしし、大きめのボウルに入れ、白ごま、(4)、Aを加えてよく混ぜる。(2)のさやいんげん、(3)のにんじんを加えて菜箸であえ、器に盛る。

「いんげんとにんじんの白あえ」
栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー214kcal
  • ・塩分2.3 g
  • ・たんぱく質14.2 g
  • ・野菜摂取量※70 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

会員登録後、「AJINOMOTO PARK」CLUB に訪問いただくと、毎日がちょっと楽しくなる情報や会員限定キャンペーンなどをお届け!

ほかにも

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。