OPEN MENU

MENU

鶏肉となすのマヨネーズ焼きの献立

献立 35分 (時間外を除く)

SHARE

この献立の栄養情報 (1人分)

  • ・エネルギー 714 kcal
  • ・塩分 4.7 g
  • ・たんぱく質 31.8 g
  • ・野菜摂取量※ 167 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

鶏肉となすのマヨネーズ焼き

5分

材料(2人分)

鶏もも肉
1枚(200g)
なす
1個
「ピュアセレクト マヨネーズ」
大さじ1
「Cook Do」熟成豆板醤
少々
「AJINOMOTO サラダ油」
小さじ1
小ねぎの小口切り
適量

* 「Cook Do」熟成豆板醤 小さじ1は、チューブで8cm(約5g)です。

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    鶏肉はスジを切るように浅く切り込みを入れ、3cm角に切る。なすは3cm長さに切り、さらにタテ4等分に切る。
  2. 2

    耐熱容器に(1)のなすを入れてラップをかけ、電子レンジ(600W)で1分30秒加熱する。
  3. 3

    フライパンに油を熱し、(1)の鶏肉を皮目から焼き、両面に焼き色をつける。肉に火が通ったら、(2)のなすを加えてサッと炒め、Aを加えて炒め合わせる。
  4. 4

    器に盛り、小ねぎを散らす。

「鶏肉となすのマヨネーズ焼き」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー270kcal
  • ・塩分0.3 g
  • ・たんぱく質17.1 g
  • ・野菜摂取量※36 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

簡単とうもろこしご飯

20分 (時間外を除く)

材料(4人分)

2合
ホールコーン缶
1缶(190g)
「ほんだし」
小さじ山盛り2
「瀬戸のほんじお」
小さじ1
適量
冷凍枝豆・正味
60g

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    米は洗ってザルに上げ、水気をきる。コーンは汁気をきる。
  2. 2

    炊飯器に(1)の米、Aを入れ、2合の目盛りになるまで水を注ぎ、(1)のコーンを加えて炊く(時間外)。
  3. 3

    冷凍枝豆は水にさらしてさやから出し、薄皮をむく。
  4. 4

    茶碗に(2)のとうもろこしご飯をよそい、(3)の枝豆を散らす。

「簡単とうもろこしご飯」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー320kcal
  • ・塩分2.2 g
  • ・たんぱく質8.2 g
  • ・野菜摂取量※63 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

ピリ辛けんちん汁

15分

材料(2人分)

木綿豆腐
1/2丁
大根
70g
にんじん
40g
ねぎ
1/3本
突きこんにゃく
50g
2カップ
「ほんだし」
小さじ2/3
しょうゆ
小さじ1・1/2
「瀬戸のほんじお」
小さじ1/2
一味唐がらし
適量
「AJINOMOTO ごま油好きの純正ごま油」
小さじ2

レシピ提供:味の素KK

このレシピで使われている商品はこちら

つくり方

  1. 1

    大根、にんじんは3~4mm幅のいちょう切りにし、ねぎは2cm幅のぶつ切りにし、
    こんにゃくは3cm長さに切る。
  2. 2

    鍋にごま油を熱し、(1)のねぎを焼きつけるようにして炒め、油にねぎの香りを移す。
  3. 3

    豆腐を手でくずしながら加え、強火で炒める。全体に油がまわったら、
    (1)の大根・にんじん・こんにゃくを加えて、炒め合わせる。
  4. 4

    Aを加えてやわらかくなるまで煮て、Bで味を調える。
  5. 5

    器に盛り、好みで一味唐がらしをふる。
  6. *つきこんにゃくとは板こんにゃくをところてんのように押し出したもので味がからみやすい。
     こんにゃくを拍子木切りにして代用してもお作りいただけます。

「ピリ辛けんちん汁」
栄養情報(1人分)

  • ・エネルギー124kcal
  • ・塩分2.2 g
  • ・たんぱく質6.5 g
  • ・野菜摂取量※68 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

関連キーワード

SHARE

その他の組み合わせ

おすすめの献立

「AJINOMOTO PARK」’S CHOICES

おすすめのレシピ特集

こちらもおすすめ

最近チェックしたページ

閲覧履歴はありません。

保存したページ

保存したページはありません。

会員登録でもっと便利に

日々の料理に使えるおすすめレシピやお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

お気に入りのページを保存しておくこともできます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。