料理区分
ジャンル
調理法
人数

キムチ レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

キムチ
調理時間
(時間外を除く)
エネルギー
194kcal
塩分
8.6g
野菜摂取量
344g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

キムチの作り方

(1)白菜の根元に、深さ15cmと8cmの切り目を、十文字に入れる。5%の塩水につけ、さらに分量の塩を葉と葉の間にまぶし、ひと晩おく(時間外)。

(2)しこいわしは頭と腹ワタを取り、身をはがしておく。残った骨は水カップ4を注いで弱火で10分くらい煮てスープを作る。

(3)あみの塩辛は、すり鉢でこまかくすりつぶか、フードプロセッサーでこまかくする。

(4)いしもちは2枚におろし、骨ごとぶつ切りにし、頭は残しておく。たら、えびは身をそぎ切りにする。いかは身を短冊に切る。かき以外の魚介類はひと塩する。

(5)(4)のいしもち・たら・えび・いか・かきに少量の粉唐がらしをまんべんなくまぶしておく。

(6)大根は半分はせん切りにして塩をまぶし、30分おき水気ををしぼり、汁は残しておく。残りの大根は厚さ3cmに切る。

(7)せりは葉を除き、茎を長さ3cmに切る。ねぎは中心の黄色い芯を除き、3cm長さに切る。からし菜の塩漬けは茎を斜め切りにする。1)の白菜と一緒に漬け込んでおく。

(8)もち米は、1時間(時間外)水に浸した後ミキサーにかけ、9倍の水でおかゆを炊く。(2)のスープ、(7)の大根のしぼり汁、残りの粉唐がらしを加えて混ぜる。

(9)(6)の大根のせん切り、にんじん、(7)のせり・ねぎ・からし菜の茎、あさつきに、 にんにく、しょうが、ごま、糸唐がらしを混ぜる。

(10)(9)の野菜と(2)、(3)、(5)の魚介類、(8)を合わせ、底からよく混ぜる。これでキムチの薬味のでき上がり。

(11)(1)の白菜を水洗いして手で2つに割る。白菜の葉と葉の間にまんべんなく(10)の薬味をはさんでいく。白菜のいちばん外の葉を交互に巻きつけてしっかり包む。

(12)かめまたは漬け物樽の底に、(6)の大根の厚切り、(4)のいしもちの頭に薬味を少しまぶしたものを敷き詰める。

(13)その上に白菜を詰め、からし菜の塩漬けの葉、きくらげをのせ、さらに白菜を詰めていく。

(14)詰め終わったら、からし菜の塩漬けの葉で表面をおおい、塩を少しふって手でギュッと押してからフタをする。

*漬けて3日頃から、浅漬けが食べられます。かめに入れて冷たい屋外に置くか、冷蔵庫で 保存しましょう。冷蔵庫なら2か月程度保存可能です。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

59

コメント

1件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 426件

おうちでピザ、つくる?
  • A.つくる!

    A
  • B.つくらないなぁ

    B

募集期間: 2017年11月15日 〜 2017年12月06日

コメントを見る

おうちでピザ、つくる?
キムチ レシピ
キムチ
調理時間
(時間外を除く)
エネルギー
194kcal
塩分
8.6g
野菜摂取量
344g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

材料(20人分
白菜 3株
しこいわしの塩辛・またはいかの塩辛・かつおの塩辛 1/2カップ
あみの塩辛 1/2カップ
いしもち 1尾
たら(切り身) 3切れ
甘えび 300g
いか 1杯
かき(むき身) 300g
あさつき・3cm長さに切る 1束
大根 1本
にんじん・せん切り 1/2本分
せり 1/2束
ねぎ 1本
もち米 1カップ
糸唐がらし 5g
白ごま 1/3カップ
にんにく・すりこ木で粗くつぶす 1個
しょうがのせん切り 2かけ分
からし菜・塩漬け 1束
粉唐がらし・または一味唐がらし1:パプリカ1~2 250g
きくらげ・水でもどしておく 5g
「瀬戸のほんじお」商品ページへ 1カップ

材料クリックで 3 Smile

キムチの作り方
  1. (1)白菜の根元に、深さ15cmと8cmの切り目を、十文字に入れる。5%の塩水につけ、さらに分量の塩を葉と葉の間にまぶし、ひと晩おく(時間外)。
  2. (2)しこいわしは頭と腹ワタを取り、身をはがしておく。残った骨は水カップ4を注いで弱火で10分くらい煮てスープを作る。
  3. (3)あみの塩辛は、すり鉢でこまかくすりつぶか、フードプロセッサーでこまかくする。
  4. (4)いしもちは2枚におろし、骨ごとぶつ切りにし、頭は残しておく。たら、えびは身をそぎ切りにする。いかは身を短冊に切る。かき以外の魚介類はひと塩する。
  5. (5)(4)のいしもち・たら・えび・いか・かきに少量の粉唐がらしをまんべんなくまぶしておく。
  6. (6)大根は半分はせん切りにして塩をまぶし、30分おき水気ををしぼり、汁は残しておく。残りの大根は厚さ3cmに切る。
  7. (7)せりは葉を除き、茎を長さ3cmに切る。ねぎは中心の黄色い芯を除き、3cm長さに切る。からし菜の塩漬けは茎を斜め切りにする。1)の白菜と一緒に漬け込んでおく。
  8. (8)もち米は、1時間(時間外)水に浸した後ミキサーにかけ、9倍の水でおかゆを炊く。(2)のスープ、(7)の大根のしぼり汁、残りの粉唐がらしを加えて混ぜる。
  9. (9)(6)の大根のせん切り、にんじん、(7)のせり・ねぎ・からし菜の茎、あさつきに、 にんにく、しょうが、ごま、糸唐がらしを混ぜる。
  10. (10)(9)の野菜と(2)、(3)、(5)の魚介類、(8)を合わせ、底からよく混ぜる。これでキムチの薬味のでき上がり。
  11. (11)(1)の白菜を水洗いして手で2つに割る。白菜の葉と葉の間にまんべんなく(10)の薬味をはさんでいく。白菜のいちばん外の葉を交互に巻きつけてしっかり包む。
  12. (12)かめまたは漬け物樽の底に、(6)の大根の厚切り、(4)のいしもちの頭に薬味を少しまぶしたものを敷き詰める。
  13. (13)その上に白菜を詰め、からし菜の塩漬けの葉、きくらげをのせ、さらに白菜を詰めていく。
  14. (14)詰め終わったら、からし菜の塩漬けの葉で表面をおおい、塩を少しふって手でギュッと押してからフタをする。
  15. *漬けて3日頃から、浅漬けが食べられます。かめに入れて冷たい屋外に置くか、冷蔵庫で 保存しましょう。冷蔵庫なら2か月程度保存可能です。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

59

コメント

1件のコメントがあります。

コメントする
キムチ へのコメント

あみの塩辛を手に入れられるならぜひとも作ってみたいです!

くのーるさん

グッド!

1

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。