ajinomoto Park
レシピ大百科
さんまのかば焼き風
プリント
さんまのかば焼き風(さんま+ねぎを使ったレシピ)
調理時間20
栄養情報(1人分)
  • エネルギー232 kcal
  • たんぱく質10.2 g
  • 塩分1.2 g
  • 野菜摂取量8 g

焼く時に、よぶんな脂を捨てるのがポイント。

材料

(4人分)
さんま・正味
2尾(200g)
小麦粉
適量
「AJINOMOTO 胚芽の恵みコーン油」
大さじ1
Aしょうゆ
大さじ1・1/3
A砂糖
大さじ1/2
A酒
大さじ1・1/3
Aみりん
大さじ1・1/3
「ほんだし こんぶだし」
小さじ1/2(1.5g)
実ざんしょうの佃煮
小さじ1
ねぎ
1/2本

つくり方

1さんまは頭と腹ワタを取り、手早く水洗いして開く。中骨を取って1尾をヨコ半分に切る。
2(1)のさんまに小麦粉をはたきつける。
3フライパンに油を熱し、(2)の皮目を下にして並べ入れる。中火でフライパンを
揺すりながら焼き、焼き目がついたら返して、身の方も焼く。(この時、さんまから脂が
出るようなら、さんまを取り出し、脂を捨て、フライパンをきれいにする。)
4火を止めて、A、「こんぶだし」を加え、再び火にかけてフライパンを揺すりながら
少し煮詰める。実ざんしょうの佃煮を加える。
5ねぎは約5cm長さに切り、さらにタテ4つ割にして(4)に加え、サッと火を通す。
6器にさんまを盛り、(5)のねぎを添える。
味の素株式会社©