料理区分
ジャンル
調理法
人数
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科

合鴨ロース肉 レシピ

  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当

Q&Aランキング

  • バターナッツかぼちゃ

    バターナッツかぼちゃのおいしい食べ方はスープ以外では何がありますか?レシピもあればよろしくお願いします。

  • お盆に主人の家族が全員揃います。

    毎年お盆になると主人の兄夫婦か弟夫婦(子供あり)が帰省します。今まではどちらかづつでしたが今年は2家族が揃うので全員で12人居ます。人数が人数なので料理か飲み物を持っていこうと思ったのですが義母は手ぶらでいいと言います。どうしたらいいでしょうか? 私としては子供が好きそうなオードブルを盛り付けて持っていこうと思ってました。去年余り子供の好きなメニューがなかったので・・・。ちなみに去年も義母からは断られました。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 簡単にパラパラ本格炒飯をどうしたら作れますか?

    香味ペーストで作りました。あつあつのご飯でレシピ通りに作りましたが、ご飯も卵もパラパラにならず、香味ペーストの味もまばらに味がついてしまいます。 本格的で卵もパラパラ、ご飯もパラパラ、味も均等につくようにするのはどうしたら良いですか? 料理は、ほとんど出来ませんが、まずは、美味しい炒飯が作って食べたいです。

もっと見る

  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!

鴨鍋 レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

鴨鍋
調理時間
エネルギー
779kcal
塩分
3.3g
野菜摂取量
101g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

材料(4人分

合鴨ロース肉 400g
合鴨ひき肉 300g
卵黄・Sサイズ 2個
うす口しょうゆ 大さじ1
おろしにんにく 少々
ねぎのみじん切り 1本分
片栗粉 少々
「味の素」商品ページへ 少々
粉ざんしょう 少々
かぶ 2個
しめじ 1/2パック
春菊 1束
干し巻きゆば 8個
もみじ麩 8個
「ほんだし こんぶだし」商品ページへ 1本
4カップ
うす口しょうゆ 大さじ3
2カップ
みりん 60ml
「瀬戸のほんじお」商品ページへ 小さじ1/2

鴨鍋の作り方

(1)鴨つくねを作る。ボウルにひき肉、Aをよく混ぜ合わせてだんごを8個作り、沸騰した湯で3分ほど下ゆでする。

(2)かぶは1.5mm幅のいちょう切りにし、透き通るまで下ゆでする。しめじは小房に分ける。春菊は根元のかたい部分を切り落とす。

(3)ゆばは水でもどす。(生が入手できれば生がよい。)

(4)土鍋にBを入れて火にかけ、沸騰したら、(1)の鴨つくね、鴨ロース、(3)のゆば、もみじ麩、(2)のかぶ・しめじ・春菊の順に加え、煮上がったものから粉ざんしょうをふって、だし汁ごといただく。

*鴨肉が入手できない場合、鶏肉でも代用できます。鶏は、鴨に比べてコクがないので、 つくねには脂身も加えるとよいでしょう。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

53

コメント

1件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

合鴨ロース肉を使ったレシピ

もっと見る
このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 187件

どっちの色の麻婆豆腐が気分?
  • A.赤麻婆

    A
  • B.黒麻婆

    B

募集期間: 2017年08月23日 〜 2017年08月30日

コメントを見る

どっちの色の麻婆豆腐が気分?
鴨鍋 レシピ
鴨鍋
調理時間
エネルギー
779kcal
塩分
3.3g
野菜摂取量
101g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

材料(4人分
合鴨ロース肉 400g
合鴨ひき肉 300g
卵黄・Sサイズ 2個
うす口しょうゆ 大さじ1
おろしにんにく 少々
ねぎのみじん切り 1本分
片栗粉 少々
「味の素」商品ページへ 少々
粉ざんしょう 少々
かぶ 2個
しめじ 1/2パック
春菊 1束
干し巻きゆば 8個
もみじ麩 8個
「ほんだし こんぶだし」商品ページへ 1本
4カップ
うす口しょうゆ 大さじ3
2カップ
みりん 60ml
「瀬戸のほんじお」商品ページへ 小さじ1/2

材料クリックで 3 Smile

鴨鍋の作り方
  1. (1)鴨つくねを作る。ボウルにひき肉、Aをよく混ぜ合わせてだんごを8個作り、沸騰した湯で3分ほど下ゆでする。
  2. (2)かぶは1.5mm幅のいちょう切りにし、透き通るまで下ゆでする。しめじは小房に分ける。春菊は根元のかたい部分を切り落とす。
  3. (3)ゆばは水でもどす。(生が入手できれば生がよい。)
  4. (4)土鍋にBを入れて火にかけ、沸騰したら、(1)の鴨つくね、鴨ロース、(3)のゆば、もみじ麩、(2)のかぶ・しめじ・春菊の順に加え、煮上がったものから粉ざんしょうをふって、だし汁ごといただく。
  5. *鴨肉が入手できない場合、鶏肉でも代用できます。鶏は、鴨に比べてコクがないので、 つくねには脂身も加えるとよいでしょう。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

53

コメント

1件のコメントがあります。

コメントする
鴨鍋 へのコメント

鴨を食べたことがないので是非食べてみたいです。

みんみんさん

グッド!

2

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。