ajinomoto Park
レシピ大百科
さけのムニエル
さけのムニエル
調理時間
30
栄養情報 (1人分) ※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く
  • エネルギー310kcal
  • たんぱく質17g
  • 塩分1.1g
  • 野菜摂取量8g
  • #定番・基本
  • #さけ
  • #メイン料理
  • #洋風
  • #味の素KK コンソメ
  • #瀬戸のほんじお
下味の「味の素KKコンソメ」がポイント!素材のうま味を引き出します☆
材料(4人分)
生ざけ
4切れ(260g)
じゃがいも・小
3個
ブロッコリー
1/4個
レモン・輪切り
4枚
パセリ・みじん切り
適量
小麦粉
適量
「AJINOMOTO 胚芽の恵みコーン油」
大さじ1
バター
大さじ1
「味の素KKコンソメ」顆粒タイプ
小さじ2
「瀬戸のほんじお」
少々
パプリカ(粉)
少々
焦がしバター
大さじ3
つくり方
1さけは「コンソメ」をふって両面になじませ、小麦粉をまぶす。
2フライパンにAを熱し、(1)のさけの両面を中火で色よく焼き、弱火にしてフタをし、約3分蒸し焼きにする。
3じゃがいもは皮をむいて3等分にし、水に10分ほどさらして水気をきる。鍋に入れ、ヒタヒタの水を加えて火にかけ、煮立ったら弱火にし、フタをしてやわらかくなるまで約10分ゆで、ザルに上げる。
4空鍋を火にかけ、(3)のじゃがいもを戻し入れ、鍋を揺すりながら粉をふかせて塩をふる。
5ブロッコリーは小房に分け、塩ゆでにし、ザルに上げて水気をきる。
6器に(2)のさけを盛り、レモンをのせ、(4)の粉ふきいも(パプリカをふる)、(5)のブロッコリーをつけ合わせ、焦がしバターをかけ、パセリをふる。
焦がしバターとは、小鍋にバターを入れ弱火にかけ、プツプツとこまかい泡がでてきたた状態のこと。
味の素株式会社©