ajinomoto Park
レシピ大百科
たいの昆布じめのひと口手まり寿司、えびの甘酢漬けの手まり寿司
プリント
たいの昆布じめのひと口手まり寿司、えびの甘酢漬けの手まり寿司(たい+米を使ったレシピ)
調理時間50
おもてなし
栄養情報(1人分)
  • エネルギー503 kcal
  • たんぱく質17.1 g
  • 塩分3.3 g
  • 野菜摂取量11 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

材料

(4人分)
たい・1さく
100g
「瀬戸のほんじお」
少々
昆布
20cm
大さじ1
車えび
6尾
A酢
大さじ1・1/2
A「パルスイート カロリーゼロ」
小さじ1(3g)
A「瀬戸のほんじお」
小さじ1/4
小梅
2個
貝割れ菜
1/6パック
3合
B酢
大さじ6
B「パルスイート カロリーゼロ」
大さじ1(9g)
B「瀬戸のほんじお」
小さじ1
B「味の素」
少々

つくり方

1たいは全体に塩をふる。
2昆布はタテ半分に切り、酒に浸す。やわらかくなった昆布で(1)のたいをはさみ、
ビニール袋に入れる。2時間~ひと晩、冷蔵庫でねかす(時間外)。
3えびは軽く洗う。鍋に湯を沸かし、酢少々(分量外)を入れて、
えびを約2分、火が通るまでゆで、ザルにとる。
4ビニール袋に(3)のえび、Aを入れて空気を抜き、口をしばる。
30分~ひと晩おく(時間外)。
5小梅は種をよけてそぎ切りにする。
貝割れ菜は根元を切り、サッと熱湯にくぐらせ水にとり、水気をしぼる。
6米は少なめの水で炊き、熱いうちに混ぜ合わせたBを回しかけ、すし飯を作る。
ひと口大に軽く握る。
7たいの昆布じめのひと口手まり寿司を作る。(2)のたいを薄切りにする。
ラップを広げ、たい1切れ、(5)の小梅、(6)のすし飯の順にのせて包み、形作る。
ラップをはずし、器に盛る。
8えびの甘酢漬けの手まり寿司を作る。(4)のえびの頭、背ワタを取り、殻をむき、
ヨコ半分に切る。ラップを広げ、貝割れ菜、えびの半身、(6)のすし飯の順にのせて
包み、形作る。ラップをはずし、器に盛る。
味の素株式会社©