ajinomoto Park
レシピ大百科
岩手のお雑煮
プリント
岩手のお雑煮(角餅+鶏もも肉を使ったレシピ)
調理時間50
栄養情報(1人分)
  • エネルギー508 kcal
  • たんぱく質21.9 g
  • 塩分3.3 g
  • 野菜摂取量60 g
※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く

鶏肉とかつおだしがベースの野菜やきのこ、高野豆腐入った具だくさんのお雑煮。くるみダレでいただきます。

材料

(4人分)
角餅
8個
鶏もも肉
100g
大根
100g
にんじん
40g
ごぼう
1/2本(70g)
しめじ
100g
高野豆腐
1枚
油揚げ
1枚
せり
6本
いくら
大さじ4
くるみ
30g
A砂糖
大さじ3
Aしょうゆ
大さじ1
B水
5・1/2カップ
B酒
大さじ1
B「ほんだし」
小さじ2
Cしょうゆ
大さじ2
C「瀬戸のほんじお」
小さじ1/4

つくり方

1鶏肉は5cm長さ、1cm幅に切る。大根、にんじんは5cm長さ、5mm幅の細切り、ごぼうはささがきにして水にさらす。しめじは根元を切ってほぐす。
2高野豆腐は水につけて(5分ほど)もどし、5cm長さの薄い短冊切りにする。油揚げは油抜きして短冊切りにする。
3せりは3cm長さに切る。
4くるみだれを作る。くるみはフライパンで弱火でいり、薄皮を取り、すり鉢かフードプロセッサーですりつぶし、Aを加えて溶きのばす。
5鍋に、B、(1)の鶏肉を入れて中火にかける。煮立ったら弱火にし、アクをすくい、(1)の野菜、(2)の高野豆腐・油揚げを加えて10分煮、Cで味を調える。
6餅はフライパンかオーブントースターでふくれるまで焼く。(フライパンの場合、油をひかず弱火で焼く)
7椀に(6)の餅を盛り、上から(5)の具と汁をたっぷりかけ、いくらをのせ、(3)のせりを散らす。餅に(4)のくるみだれをつけて食べる。
味の素株式会社©