料理区分
ジャンル
調理法
人数
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科

きんめだい レシピ

  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当

Q&Aランキング

  • ダニがわく調味料

    一般に粉もの、お菓子などダニがわきやすい食品は冷蔵庫に保存しますが、調味料で一味などもダニが湧くと聞きました。 ほかの調味料なども気になり調べましたが、わからないものがたくさんあり、詳しい方、教えて下さい。 塩、ニンニク粉、コーヒー粉、ジンジャーパウダー、玉ねぎパウダー、胡椒などはどうでしょうか?よろしくお願いします。

  • なす料理の仕上がりを綺麗にするにはどうすれば~

    なす料理は好きでよく作りますが、出来上がりのなすの色が気になります。綺麗になす色を残して料理をするにはどうすれば良いでしょうか。

  • バターナッツかぼちゃ

    バターナッツかぼちゃのおいしい食べ方はスープ以外では何がありますか?レシピもあればよろしくお願いします。

もっと見る

  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!
  • やってみ!丸鶏そうめん 作って!写して!キャンペーン

田舎風ブイヤベース レシピ

  • プリント
  • メール
SNS

田舎風ブイヤベース
調理時間
エネルギー
606kcal
塩分
3.5g
野菜摂取量
197g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です

田舎風ブイヤベースの作り方

(1)にんじん、セロリは斜め切りにし、じゃがいもは大きめのひと口大に切る。にんにくは半分に切る。にんじんとセロリの切れ端は取っておく。

(2)きんめだいはひと口大に切る。かさご、ほうぼうは三枚におろし、ひと口大に切る。頭はエラを除き、中骨とともに水にさらしておく。あさりは殻をこすり合わせてよく洗う。

(3)鍋にオリーブオイル大さじ2を熱し、(1)のにんじん・セロリの切れ端を炒める。(2)の魚のアラを水をきって加え、白っぽくなって火が通るまで炒める。

(4)(1)のにんにく、ホールトマトを缶汁ごと、「コンソメ」、Aを加えて、煮立ったら、アクを取りながら約20分煮る。

(5)万能こし器で(4)をこして鍋に戻し、(1)のにんじん・セロリ・じゃがいもを加えてやわらかくなるまで10分ほど煮て、(2)の魚の身・あさりを加え7~8分煮る。

(6)アイオリソースを作る。ボウルに室温に戻した卵黄、Bを入れ、オリーブオイルカップ1を少しずつ加えて泡立て器で混ぜ、マヨネーズ状にする。

(7)(6)のアイオリソース1/3量ほどを(5)の煮汁でのばし、(5)の鍋に加えてサッと煮る。

(8)器に盛り、お好みで残りの(6)のアイオリソースを加える。

*ブーケガルニは、タイム・パセリの茎・セロリの茎各適量、ローリエ1枚をしばったものです。

  • プリント
  • メール

SNS

シェアするサービスを
選択してください

このレシピのキーワード
追加
グッド!

46

コメント

1件のコメントがあります。

コメントする コメントをチェックする

好ましくない投稿のご連絡

きんめだいを使ったレシピ

やわらかくて食べやすい煮つけをどうぞ☆

おもてなしにぴったり♪

もっと見る
このレシピを見ている方は、こんなレシピも見ています

みんなでVOTE!ただいまの投票数 1,429件

どっちの夏野菜を食べたい?
  • A.ゴーヤ

    A
  • B.トマト

    B

募集期間: 2017年08月09日 〜 2017年08月23日

コメントを見る

どっちの夏野菜を食べたい?
田舎風ブイヤベース レシピ
田舎風ブイヤベース
調理時間
エネルギー
606kcal
塩分
3.5g
野菜摂取量
197g

※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です。

※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml

材料(4人分
きんめだい 2切れ
かさご 1尾
ほうぼう 1尾
あさり(殻つき)・砂抜きしたもの 12個
にんじん 2本
セロリ 1本
じゃがいも 2個
「AJINOMOTO オリーブオイル」商品ページへ 大さじ2
にんにく 3片
ホールトマト缶 1缶
「味の素KKコンソメ」固形タイプ商品ページへ 1個
ブーケガルニ 1束
オレンジの皮 1/2個分
白ワイン 2カップ
2カップ
「瀬戸のほんじお」商品ページへ 小さじ1
卵黄 1個分
おろしにんにく 2片分
「瀬戸のほんじお」商品ページへ 小さじ1/3
「AJINOMOTO オリーブオイル エクストラバージン」商品ページへ 1カップ

材料クリックで 3 Smile

田舎風ブイヤベースの作り方
  1. (1)にんじん、セロリは斜め切りにし、じゃがいもは大きめのひと口大に切る。にんにくは半分に切る。にんじんとセロリの切れ端は取っておく。
  2. (2)きんめだいはひと口大に切る。かさご、ほうぼうは三枚におろし、ひと口大に切る。頭はエラを除き、中骨とともに水にさらしておく。あさりは殻をこすり合わせてよく洗う。
  3. (3)鍋にオリーブオイル大さじ2を熱し、(1)のにんじん・セロリの切れ端を炒める。(2)の魚のアラを水をきって加え、白っぽくなって火が通るまで炒める。
  4. (4)(1)のにんにく、ホールトマトを缶汁ごと、「コンソメ」、Aを加えて、煮立ったら、アクを取りながら約20分煮る。
  5. (5)万能こし器で(4)をこして鍋に戻し、(1)のにんじん・セロリ・じゃがいもを加えてやわらかくなるまで10分ほど煮て、(2)の魚の身・あさりを加え7~8分煮る。
  6. (6)アイオリソースを作る。ボウルに室温に戻した卵黄、Bを入れ、オリーブオイルカップ1を少しずつ加えて泡立て器で混ぜ、マヨネーズ状にする。
  7. (7)(6)のアイオリソース1/3量ほどを(5)の煮汁でのばし、(5)の鍋に加えてサッと煮る。
  8. (8)器に盛り、お好みで残りの(6)のアイオリソースを加える。
  9. *ブーケガルニは、タイム・パセリの茎・セロリの茎各適量、ローリエ1枚をしばったものです。
このレシピのキーワード
追加
グッド!

46

コメント

1件のコメントがあります。

コメントする
田舎風ブイヤベース へのコメント

鯛をコンソメ風味で炊いたのは初めてですが、ごはんに合うことに驚きました。

くのーるさん

グッド!

3

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

  • ※一度ログインすると、最長2週間ログインした状態になります。
  • ※「CLUB AJINOMOTO」会員の方は、登録した際のメールアドレスとパスワードでログインができます。