ajinomoto Park
レシピ大百科
手まりずし
プリント
手まりずし(米+焼きのりを使ったレシピ)
調理時間90
栄養情報(1人分)
  • エネルギー411 kcal
  • たんぱく質29.4 g
  • 塩分2 g
  • 野菜摂取量20 g

見た目に愛らしい手まりずしは食べやすく、おもてなしにもおすすめ。

材料 (4人分)
2合
A酢
80ml
A砂糖
小さじ4
A「瀬戸のほんじお」
小さじ1/2
「ほんだし こんぶだし」
小さじ1/3
たい(刺身)
4切れ
小ねぎの小口切り
少々
クレソン
少々
しいたけ
4枚
B酒
大さじ1/2
Bしょうゆ
小さじ1
いり白ごま
少々
えび・小
4尾
生ハム
2枚
青菜の漬物・大
2枚
きゅうり
6cm
「瀬戸のほんじお」
少々
ゆで卵の黄身
少々
菜の花
4本
C水
大さじ4
C「ほんだし」
少々
C「瀬戸のほんじお」
少々
焼きのり・帯状
少々
つくり方
1米は洗い、かために炊く。
2ボウルにA、「こんぶだし」を入れて混ぜ、合わせ酢を作る。
3大きなボウルに炊き上がった(1)のご飯を移し入れ、(2)の合わせ酢をふり、木しゃもじで切るように混ぜて、粗熱を取り、すし飯を作る。
4すし飯を25gずつに分けて軽く丸く握る。
5しいたけは軸を切り、カサに浅く格子の切り込みを入れる。ボウルにBを入れて混ぜ、しいたけを加えてからめる。グリル又はオーブントースターに並べてしんなりするまで焼く。
6えびは背ワタを取り、ゆでて殻をむき、厚みを半分に切る。きゅうりは薄切りにして塩でもみ、しんなりしたら水洗いして水気を拭く。
7菜の花は長さを半分に切り、穂先をタテ2つに切る。熱湯でサッと塩ゆでし、ザルに上げる。ボウルにCを入れて混ぜ、菜の花をつけて冷ます。
8生ハム、青菜の漬けものは半分に切る。
9水でぬらして水気をしぼったさらしにたいをのせて(4)のすし飯をのせて包み、しぼるようにして形作る。同様に生ハム、しいたけ、青菜も握る。
10たいのにぎりには小ねぎ、生ハムにはクレソン、しいたけにはごま、青菜にはゆで卵の黄身をそれぞれのせる。えびはきゅうりの上にのせてにぎり、菜の花はのりで巻く。

*その他にも、まぐろ・サーモンなどお好みの具を組み合わせてお作り下さい。

*刺身は包みやすいように厚みを薄くひらいてお作り下さい。

味の素株式会社©