ajinomoto Park
レシピ大百科
フォンダンショコラ
フォンダンショコラ
調理時間
60
栄養情報 (1個分) ※野菜摂取量はきのこ類・いも類を除く
  • エネルギー431kcal
  • たんぱく質6g
  • 塩分0.2g
  • 野菜摂取量0g
  • #スイーツ
  • #洋風
  • #バレンタイン
フワッとした生地の中からチョコがとろ~り♪簡単なのに本格的な手作りスイーツ☆
材料(4個分)
薄力粉
20g
ココア(無糖)
5g
ビタースイートチョコレート・ガナッシュ用
50g
生クリーム
50g
ビタースイートチョコレート・チョコレート生地用
60g
バター(食塩不使用)・有塩でも可
60g
2個
グラニュー糖
50g
*分量は直径6cmマフィン型またはセルクル4個分です。
つくり方
<下準備>
 (a)Aは合わせて2度ふるう。
  • フォンダンショコラの作り方_1_1
  • フォンダンショコラの作り方_1_2
  • フォンダンショコラの作り方_1_3
 (b)セルクルで焼く場合、セルクルの内側にやわらかくしたバター(分量外)を薄く塗る。
 (c)オーブンは220℃に予熱する。(チョコレート生地を作る時点から)
<作り方>
1ガナッシュを作る。ビタースイートチョコレート50gを刻み、ボウルに入れる。
フォンダンショコラの作り方_5_1
2耐熱容器に生クリームを入れ、ラップをして電子レンジ(600W)で30秒加熱し、  
(1)のボウルに一度に加える。泡立て器で静かに混ぜる(円を描くように混ぜ、泡立て
ないようにする)。
  • フォンダンショコラの作り方_6_1
  • フォンダンショコラの作り方_6_2
3チョコレートが溶けてなめらかになったらそのまま少し固くなるまで
室温におく(時間外)。急ぐ場合は冷蔵庫で冷やす。
4(3)を4等分し、手にココア(分量外)をつけながら俵形にする。冷凍庫で固めておく。
フォンダンショコラの作り方_8_1
5チョコレート生地を作る。ボウルに刻んだビタースイートチョコレート60g、
バターを入れ、湯せんにかけて溶かす。
フォンダンショコラの作り方_9_1
6別のボウルに卵を割りほぐし、グラニュー糖を加える。泡立て器でボウルの底を
こするように直線的に混ぜ、表面に白っぽい泡が出てくるまで混ぜる。
フォンダンショコラの作り方_10_1
7(5)の溶かしたチョコレート生地を(6)のボウルへ少しずつ加えながら
円を描くように静かに混ぜる。(混ざればよい。)
フォンダンショコラの作り方_11_1
8(a)の粉類を(7)に加え、泡立て器で同じように混ぜ、まんべんなく混ぜる。
(混ざればよい。混ぜすぎに注意。)
  • フォンダンショコラの作り方_12_1
  • フォンダンショコラの作り方_12_2
9型に(8)の生地をおたま1杯分ずつ流し入れ、(4)の冷凍しておいたガナッシュを
中央に埋め込む。残りの生地を等分に流し入れる。
  • フォンダンショコラの作り方_13_1
  • フォンダンショコラの作り方_13_2
  • フォンダンショコラの作り方_13_3
10220℃に予熱したオーブンで10分焼く。セルクルの場合、焼き上がったら
すぐにセルクルから生地をはずして皿に盛る。(アツアツのうちにどうぞ!)
完全に冷めたものは電子レンジ(600W)で30秒加熱すると、中のチョコレートが
 再び溶け出してきます。
保存は冷蔵で3日が目安です。
材料のビタースイートチョコレートの代わりに、板チョコレート(ブラック)でも
 お作りいただけますが、甘めの仕上がりになります。グラニュー糖をお好みで
 加減してください。
味の素株式会社©