料理区分
ジャンル
調理法
人数

寒さに打ち勝て!献立・レシピ 「勝ち飯®」

寒い季節の体調管理に、
カラダのコンディションを整えるには、毎日の食事が大切です!
朝、昼、夕できちんとした食事をとって、バランスよく栄養補給◎

★注目の栄養素★
たんぱく質 ビタミンB6 ビタミンC ビタミンA

アイコンの説明

<朝食>具だくさん豚汁献立

1日の中で朝はとくに体温が低くなります。冷え込んでくるこれからの季節、カラダあったか朝食で元気な一日をスタートしましょう。
しょうがをきかせた豚汁にはにんじん、里芋、ごぼうなど旬の根菜をはじめ野菜をしっかり使って。
卵焼きは抗酸化ビタミンのA、C、Eを含む旬のほうれん草でバランス・彩り◎。
だしをきかせた卵焼きは冷めてもおいしくいただけます。忙しい朝の常備菜(作り置き)におすすめです。

<昼食>カレーうどん

スパイスの効いたカレーうどんはカラダぽかぽか♪おなかの中から温まりますね。
麺類など単品料理はカラダを整えるビタミン・ミネラルが不足しがちです。冬においしくなるブロッコリーやかぼちゃを使った煮物を組み合わせればバランスアップ!どちらも下ごしらえしてストックできるので常備しておきたいですね。
ごまは少し加えるだけで風味とコクがプラスされます。料理のアクセントに活用しても◎

<夕食>豚バラ大根献立

「一汁三菜」和食の献立は、栄養バランスを整える必勝法!
冬が旬の大根、ほうれん草を使った野菜たっぷり献立で寒さに負けないカラダを作りましょう。“だし煮”や“レンチンスープ”は旬の野菜でアレンジしても◎。手軽に作れる野菜レシピを味方につけて無理なくバランスアップ♪
じゃがいもに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴。煮物や汁物など色々な料理に活躍させましょう。

<夕食>10種の野菜だし鍋の献立

〆の料理も工夫次第で栄養満点に◎
色々な食材を取り入れることは栄養バランスを整える近道です。鍋も〆も具だくさんを意識するのが「勝ち飯®」ポイントです。
「野菜だし鍋」が終わったら、〆は雑炊で!
冬が旬の大根をつかった「しらすとゆずのみぞれ雑炊」は、熱に弱い消化酵素を含む大根を生でのせて効率よく摂取。抗酸化ビタミンのA、C、Eを含む大根の葉は捨てずに使いましょう。ゆずやごま油など香り高い食材を上手に使って満足度もアップ!

<夕食>豆乳重ね鍋の献立

寒い時期にぴったりなカラダが温まる鍋レシピ。
たんぱく質も野菜も一緒にとることのできる汁物(鍋)はおすすめ「勝ち飯®」メニューです。
「豆乳重ね鍋」はボリューム満点、見た目も食べごたえも◎。旬の白菜をたっぷりいただきましょう。
「にんじんとおろしトマトあえ」は食感に変化をつけたトマトがポイント。
素材の味をいかした和の副菜は彩りも良く、バランスアップに一役買います。

<夕食>鶏むね肉のとろみ肉じゃが献立

「肉じゃが」はお肉と野菜を一緒にとれる、定番和食♪
たんぱく質豊富な鶏肉で一味違った肉じゃがはいかがですか?
パサつきがちな鶏むね肉は片栗粉を使ってやわらかくジューシーに仕上げましょう。
ミニトマトはだし煮にすることでほっこり温かく。和の発酵食品、酒粕をきかせたあったか汁物でカラダポカポカ。具材をアレンジしても◎。

この特集を見ている方は、こんな特集も見ています
みんなの「おいしい」のために。レシピ大百科
  • 毎日の健康をおいしく! 「からだごはんラボ」
  • 「味の素パーク」キャンペーンtwitter
  • かんたん弁当
  • 会員になるとおすすめレシピや最近見たレシピが見られる!会員登録はこちら!