料理区分
ジャンル
調理法
人数

おでん

  • レシピ
  • 手順がわかる料理の工程
  • もっとおいしく作るポイント

大根は下ゆでをする

大根は下ゆでをする
大根はかためにゆでてから調味すると、味がよくしみ込みます。
厚切りにした大根の片面にかくし包丁をすると、味しみだけでなく、火も通りやすくなります。
下ゆでに使う水を米のとぎ汁にすると、アクやえぐ味が取れて白く仕上がります。
とぎ汁がない場合は、小麦粉少々を入れた水でもOKです。

大根の下ゆでを短時間にする!

電子レンジを使えば手軽に下ゆでができます。
耐熱皿に大根を並べ、1cm高さまで水を入れて、ラップをかけます。電子レンジ(600W)で約10分加熱したら下ゆで完了。
加熱直後は熱くなっているので、レンジから取り出すときは注意しましょう。

練り製品に味をしみ込みやすくするコツ

揚げボール、いか巻きなどの練り製品は、熱湯でサッとゆでるなどして油抜きをしましょう。
だしがしみ込みやすくなるので、おいしく仕上がります。

こんにゃくに味をしみ込みやすくするコツ

こんにゃくは熱湯でゆでると、こんにゃく特有のくさみが抜けます。
おでんだしに雑味が出ないので、おいしく仕上がります。

うす口しょうゆがない場合

こい口しょうゆで代用することができます。うす口しょうゆと同量の分量で作ります。

「丸鶏がらスープ」でうま味アップ!

最後の仕上げで「丸鶏がらスープ」を小さじ1/2ほど加えると、よりおいしく仕上がります。
「味の素KK丸鶏がらスープ」の商品情報はこちら
この特集を見ている方は、こんな特集も見ています