ajinomoto Park
レシピ大百科
とりハムのねぎ塩だれ
プリント
とりハムのねぎ塩だれ(小ねぎの小口切り+水菜を使ったレシピ)
調理時間5
5分以内
栄養情報(1人分)
  • エネルギー164 kcal
  • たんぱく質9.5 g
  • 塩分1.6 g
  • 野菜摂取量15 g
材料 (4人分)
とりハム
200g
「丸鶏がらスープ」
小さじ1
「AJINOMOTO ごま油好きのごま油」
大さじ2
A小ねぎの小口切り
5本分
Aしょうがのみじん切り
1かけ分
水菜
20g
つくり方
1とりハムは1cm幅に切る。水菜は食べやすい長さに切る。
2ボウルに「丸鶏がらスープ」、ごま油をすり混ぜ、Aを加えて混ぜ合わせてたれを作る。
3器に(1)のとりハムを並べ、(2)のたれをかけ、(1)の水菜を添える。

【とりハムの作り方(作りやすい分量)】

[1]鶏むね肉1枚(260g)は厚みを均等にし、「瀬戸のほんじお」大さじ1/2・
砂糖大さじ1・粗びき黒こしょう少々・「味の素」少々をまぶしてよくすり込む。
密閉袋に入れて空気を抜き、1~2日間冷蔵庫に入れる。(出てきた水分は捨てる。)

[2][1]の鶏肉を軽く水洗いし、水に30分ほどつけて塩抜きをする。

[3][2]の鶏肉をくるくると巻き、ラップで包み、水が入らないように両端を輪ゴムで
キャンディのように結ぶ。

[4]鍋に湯をたっぷり沸かし、[3]を入れ、弱火で5分ゆでる。火を止め、フタをして
そのまま4~5時間おく。

[5]鶏肉を押して弾力があれば、冷蔵庫でよく冷やし、お好みの大きさに切っていただく。

味の素株式会社©