ajinomoto Park
レシピ大百科
塩鶏のペッパーソテー
プリント
塩鶏のペッパーソテー(水菜+ミニトマトを使ったレシピ)
調理時間5
おつまみ
5分以内
栄養情報(1人分)
  • エネルギー282 kcal
  • たんぱく質20.4 g
  • 塩分1.8 g
  • 野菜摂取量43 g
材料 (2人分)
塩鶏
1枚
粗びき黒こしょう
大さじ1/2
水菜
1/4束(50g)
ミニトマト
3個
「AJINOMOTO オリーブオイル」
大さじ1
レモンのくし形切り・好みで
2切れ
つくり方
1塩鶏は表面にたっぷりと粗びき黒こしょうをまぶす。
水菜は4cm長さに切り、ミニトマトはヨコ3等分に切る。
2フライパンにオリーブオイルを熱し、(1)の塩鶏を入れ、
焼き色がつくまで表面全体を焼き、1cm幅に切る。
3皿に(1)の水菜・ミニトマトを盛り、(2)の塩鶏をのせ、好みでレモンを添える。

*お好みでオリーブオイルをかけてもおいしくお召し上がりいただけます。

【塩鶏の作り方(作りやすい分量)】

[1]鶏むね肉2枚(400g)は全体をフォークで刺して数ヶ所穴をあける。

[2]「瀬戸のほんじお」または「やさしお」大さじ1/2(7.5g)・酒小さじ4・
砂糖小さじ1をふりかけ、水分がほとんどなくなるまでもみ込み、形を長方形に
整えながら、ラップでぴったりと二重に包む。

*熱が伝わりやすいように、鶏肉をなるべく平らにして包んでください。

[3]鍋に水カップ7を入れ、しっかりと沸騰したら[2]の鶏肉を皮目を下にして入れ、中火で
3~4分ゆでる。

*鶏肉の枚数を3~4枚に増やして作る場合は、2リットルにしてください。

[4]アルミホイルなどで落としぶたをし、鍋のフタをして、完全に冷めるまでおく。

*鶏肉に厚みがある場合は[3]の時間を長めしてください。

*冷蔵庫で4~5日保存できます。ラップを取らずに冷まし、
 そのまま袋に入れて保存してください。(使いかけの場合は、再びラップに包んでください。)

味の素株式会社©