料理区分
ジャンル
調理法
人数
料理の基本ABCトップへ

基本がわかる!お料理ムービー ※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlです。 電子レンジは500Wです。

解説

秋が旬のさんまは身がやわらかいので、身を崩さないように下処理をする。まず、尾から頭に向かってウロコを落とす。内臓を取る場合は、頭を切り落として切り口から内臓を取り出し、よく水洗いしてから水気を拭き取る。筒切りにする時は、内臓を取り出してから、骨ごと輪切りにする。身が崩れやすいので、よく切れる包丁でスパッと切るようにする。皮目に切り込みを入れるとよく火が通る。蒲焼きなど腹開きにする時は、内臓を取り出してから中骨に沿って、背の皮を一枚残すつもりで、尾のつけ根まで切って開く。裏返して包丁を腹側から入れ、中骨の上に沿ってすべらせるようにして中骨を取り除く。

戻る
料理の基本ABCトップへ