OPEN MENU

MENU

今日からできるカラダにいい話熱中症対策の基本とかしこい水分補給

2021/07/01

SHARE

夏が近づき、暑くなってくると気になることのひとつが熱中症です。誰もが熱中症になってしまう可能性はありますが、どのように対策することができるのでしょうか?

熱中症対策のためにできること、管理栄養士の福山さんにお話を聞きました。夏の熱中症対策におすすめの経口補水液も紹介しているので、今年の夏を乗り切りるうえでお役立てください!

インタビューした人

栄養・加工食品事業部
ニュートリションケアグループ(管理栄養士)

福山 晶美さん

健康栄養食品の製品開発や学術広報を担当。商品を通じて、生活者のみなさんの健康にお役立ちしたい!と日々取り組んでいます。

  1. あらためて知ろう、熱中症のこと
  2. 熱中症対策の大事なポイント
  3. 水分や電解質をすばやく補給!経口補水液ってなに?
  4. おいしいのにカロリー控えめ♪毎日続けられる経口補水液

01
あらためて知ろう、熱中症のこと

——熱中症はどのような状態のことを指すのですか?

気温が高くなってきて体温が上がると、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節がしづらくなったりします。それによって食欲の変化や、通常とは違った体調の変化を招くことがあり、これを熱中症と呼んでいます。

最悪の場合、思いがけないトラブルを起こす可能性もありますので、夏は熱中症対策を絶対にしていただきたいですね。

——熱中症はいつ頃から気をつけたほうがいいでしょうか?

「夏になってから」と思われる方が多いようですが、5月ごろから熱中症に注意することをおすすめします。

その理由は、まだ体が暑さに慣れていない時期だから。「まだ夏じゃないから熱中症じゃない」と思わず、早めに気づいて対処することが大事です。

また、湿度が高いと、体に熱がこもってしまいがち。晴れていない日でも、熱中症になってしまうこともあるので、注意してくださいね。

——どんな方が熱中症にかかりやすいですか?

喉の渇きを感じにくい高齢者、小さなお子さんなどです。とくに子どもは大人より体が熱しやすいといわれ、体温調節機能も未発達です。

屋外では体が地面に近いほど体温が高くなる傾向もあるので、保護者の方は気をつけてあげてほしいですね。

それから筋肉量の少ない方も熱中症になりやすいんです。筋肉は、体に水分を貯めるタンクのような役割をしてくれるんですよ。そのため、筋肉をつけるためにも普段から適度な運動を心がけることも大切です。

02
熱中症対策の大事なポイント

——熱中症になりそうなとき、どのようなことに気をつけるといいですか?

まずは水分をこまめにとり、しっかり休むことが大切です。

ただし、水分補給はとても大事ですが、それだけでは熱中症対処にはなりません。屋外であれば、なるべく日陰に入るようにしてください。屋内でも、湿気が熱気がこもりやすいところでは換気するようにしましょう。

——水分はどのように摂取するのがおすすめですか?

アルコール類やジュース、コーヒー、お茶などは、せっかく摂った水分の多くが体の外に排出されてしまうので、気をつけたほうがいいですね。

また、水も「体の中の水分」とは実は違うんです。そのため、飲みすぎると尿として排出されてしまうことも。水分に適度な電解質が含まれているものがいいですね。

昔から、「朝、一杯のおみそ汁を」とか「おかゆに梅干しを」とよくいいますよね。あれは水分と塩分とをバランスよく摂取できるからなんです。

電解質が含まれたスポーツドリンクでもいいですが、体内に水分をスピーディに吸収・しっかりキープするという点でいえば、「アクアソリタ®」のような経口補水液もおすすめですね。

03
水分や電解質をすばやく補給!経口補水液ってなに?

——経口補水液とはどのようなものですか?

経口補水液とは、水分や電解質などをバランスよく配合した飲みもののことです。簡単に手作りすることもできるので作り方を紹介しますね。

材料&手順

1リットル
3g
砂糖
20g
レモン汁・お好みで
適量
  1. 大きいコップや器を用意し、水1リットルを入れる。
  2. 塩3gと砂糖20gをくわえて、よくかき混ぜる。
    好みでレモン汁をくわえる。

ただし、手作りした経口補水液は保存がききません。すぐに飲むようにしてくださいね。

——すぐに飲みたいときや、手作りするのが面倒なときもありますよね。

そうですね。とくに暑い季節は、手作りした経口補水液を置いておくことで食中毒の原因になる可能性もあります。出先で飲むときや、いつでも飲めるようにしておきたいときなどは、市販の経口補水液を利用するのが手軽ですし、安心ですね。

04
おいしいのにカロリー控えめ♪毎日続けられる経口補水液

——先ほどお話に出てきた「アクアソリタ®」はどんな経口補水液ですか?

「アクアソリタ®」は体内への水分・電解質のすばやい吸収を助け、保持することをサポートしてくれる経口補水液です。おいしくて飲みやすいのが特長で、カロリーはスポーツドリンクよりも控えめ。低ナトリウムタイプなので、毎日の熱中症対策に飲むことができますよ。

りんご風味の飲料タイプと、りんご風味・ゆず風味のゼリータイプがあります。飲料タイプは喉が渇いたときに、ゼリータイプは飲み込む力が弱い方やおやつとして摂取するのにもおすすめです。

——「アクアソリタ®」はどんなときに飲むのがおすすめですか?

わたしのおすすめは、お休み前と起きたあとすぐですね。実は、寝ている間の体はとても渇いているんです。コップ一杯から一杯と半分くらいを、少しずつ飲んでください。

あとは喉が渇いたなと感じる前に飲むのもいいですね。水を飲むときも同じですが、がぶ飲みはしないでください。

また、経口補水液は成分のバランスが大事なんです。水や炭酸水などで「アクアソリタ®」を薄めてしまうと本来の有用性が損なわれてしまうので気をつけてくださいね!

——小さなお子さんでも飲めますか?

はい。おいしくて飲みやすいので、ほかの経口補水液を飲みたがらないお子さんでも飲んでくれることがあると聞いています。暑い時期に長時間なにも飲まない状態は危険なので、よかったら試してみてください。

——飲めない方もいますか?

一般的な飲料水よりも電解質の濃度が高くなっていますので、ナトリウムやカリウムの摂取制限がある方は、主治医に相談していただいてからお飲みいただきたと思います。

——かしこい水分補給にぴったりですね!

カロリーを気にせず毎日おいしく飲めるので、暑い時期はとくおすすめですよ。

また、高齢になるとトイレが近くなるので、寝る前に水分補給をしない方が多いんですよ。喉が渇いていることに気づきにくくなるので、わたしは高齢の両親には、お風呂上りなどに飲むことをすすめています。

夏場の熱中症対策は、毎日のことなので、無理なく続けられることが大事。選択肢のひとつとして、経口補水液にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?みなさんもかしこい水分補給で、夏をアクティブに過ごしましょう!

SHARE

関連キーワード