OPEN MENU

MENU

食のQ&A

食材の保存方法・賞味期限・消費期限

暑い時期のお弁当、食中毒を避けるために気をつけることは?

まずは、お弁当の中に菌が入らないように、食材や調理方法に注意することが大切です。また、食中毒の原因となる菌は時間が経つほど増殖しやすいので、調理してから食べるまでの時間ができるだけ短くなるようにしましょう。調理後は必ず急冷し、保冷バッグに保冷剤を入れて持ち運ぶようにするとよいでしょう。

会員登録でもっと便利に

保存した記事はPCとスマートフォンなど異なる環境でご覧いただくことができます。

保存した記事を保存期間に限りなくご利用いただけます。